深海の「光るサメ」を新たに発見、脊椎動物で最大

生物発光するフジクジラを下から見たところ。彼らは体の下側に発光する細胞を持っており、周囲の環境と同程度の明るさの光を発することによって、下をうろつく捕食者から自分のシルエットを隠すことができる。(PHOTOGRAPH BY JÉRÔME MALLEFET)

【元の記事へ戻る】 【CLOSE】

ナショナル ジオグラフィック バックナンバー