深海の「光るサメ」を新たに発見、脊椎動物で最大

ヨロイザメなど3種が発光する仕組みを研究

2021.03.11
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
生物発光するフジクジラを下から見たところ。彼らは体の下側に発光する細胞を持っており、周囲の環境と同程度の明るさの光を発することによって、下をうろつく捕食者から自分のシルエットを隠すことができる。(PHOTOGRAPH BY JÉRÔME MALLEFET)
生物発光するフジクジラを下から見たところ。彼らは体の下側に発光する細胞を持っており、周囲の環境と同程度の明るさの光を発することによって、下をうろつく捕食者から自分のシルエットを隠すことができる。(PHOTOGRAPH BY JÉRÔME MALLEFET)
[画像のクリックで拡大表示]

 ニュージーランド東岸沖で、深海のサメ3種が光を放つ(生物発光を行う)ことが新たに確認され、学術的に記録された。そのうちの1種であるヨロイザメは、体長が1.8メートル近くに成長し、生物発光する脊椎動物としては世界最大となる。研究チームは発光の仕組みについても調査し、皮膚にある特殊な細胞がやわらかな青緑色の光を作り出していることも判明したという。研究成果は、2月26日付けで学術誌「Frontiers in Marine Science」に発表された。

 ちなみに無脊椎動物では、ヨロイザメより大きくなるダイオウイカも、光を発することが知られている。

 サメの生物発光として記録があるのは、これまでは十数種だった。今回の発見は、生物発光という機能がどれほど一般的かを知る手がかりになると、ベルギーのルーバン・カトリック大学研究員で、研究の筆頭著者であるジェローム・マレフェ氏は述べている。

 今回の調査で発光が確認されたのはヨロイザメ(Dalatias licha)のほか、カラスザメ科のフジクジラ(Etmopterus lucifer)とトゲニセカラスザメ(Etmopterus granulosus)の計3種。いずれも「トワイライトゾーン」と呼ばれる、光がわずかにしか届かない水深200~1000メートルの層から引き揚げられた。

 ヨロイザメが調査船の上で発光しているのを見たとき、「思わず泣きそうになりました。それだけすばらしい発見でしたから」と、マレフェ氏は振り返る。

 ほかの2種はヨロイザメよりもいくらか小さく、またこれら3種はどれも、ときどき漁師の網に偶然かかるものだという。絶滅が危惧される種ではないが、その生態についてはほとんどわかっていない。

暗闇に光る

 2020年1月、マレフェ氏と、ルーバン・カトリック大学およびニュージーランド国立大気水圏研究所の研究者チームは、深海トロール船の上で1カ月を過ごした。網に生きたサメがかかれば、それを海水タンクに入れて暗い部屋へ運び、生物発光の兆候を探した。(参考記事:「発光するサメの謎、仕組みを解明」

 ストレスのためか、青緑色の輝きを研究者たちに披露してくれたのは、ヨロイザメ、フジクジラ、トゲニセカラスザメのうちごく少数の個体だけだった。

 ホタルを含む発光生物の大半は、酸素と反応して光を生成する化合物ルシフェリンなど、特定の化学物質を含む特殊な細胞や器官を持っている。光を発する生物の中には、深海にすむアンコウのように、発光バクテリアの宿主となることで光を手に入れているものもいる。(参考記事:「ホタルの発光原理に新説、余剰電子が関与」

参考ギャラリー:光る生き物の世界(生物発光する仲間) 写真18点(画像クリックでギャラリーへ)
参考ギャラリー:光る生き物の世界(生物発光する仲間) 写真18点(画像クリックでギャラリーへ)
ホタル、クラゲ、イカ、キノコ…さまざまな生物が光を放つ。その光には、身を隠す、獲物をおびき寄せる、交尾相手を誘うといった役割がある。(Photograph by David Liittschwager)

次ページ:何のために光るのか

ここから先は「ナショナル ジオグラフィック日本版サイト」の
会員の方(登録は無料のみ、ご利用いただけます。

会員登録(無料)のメリット

  • 1ナショジオ日本版Webの
    無料会員向け記事が読める
  • 2美しい写真と記事を
    メールマガジンでお届け

おすすめ関連書籍

Jewels in the night sea 神秘のプランクトン

夜の海にあらわれた、美しい浮遊生物。眼には見えないきわめて小さな姿をカメラで覗いてみれば、姿も、色も、生態も、うっとりするほどの世界。28年間、海の神秘を撮る男の渾身の写真集です。

定価:2,970円(税込)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加