自然の中を滑る「ワイルド・スケート」、コロナ禍で人気上昇

「まるで空を飛んでいるみたいです」と愛好家

2021.03.04
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
米国アラスカ州シェリダン氷河近くの氷でスケートをする女性。コロナ禍において、未整備の湖や川でアイススケートをする、いわゆる「ワイルド・スケート」の人気が高まっている。 (PHOTOGRAPH BY DESIGN PICS INC., ALAMY STOCK PHOTO)
[画像のクリックで拡大表示]

 それは、寒くて静かな夜だった。マシュー・バクスリー氏の足元の氷の下に、動かない魚の姿がちらりと見えた。北方林と広大な湖が広がる米国ミネソタ州の「バウンダリー・ウォーターズ・カヌー・エリア・ウィルダネス」で、アイススケートをしていた時のことだ。彼の足の下には、暗い水中世界が広がっていた。(参考記事:「森と湖が広がる北の原野バウンダリー・ウォーターズに環境破壊の恐れ、米国」

 バクスリー氏がスケート靴で一蹴りするごとに、硬い湖面全体に振動が伝わった。スケーター1人の重さで氷が軋み、「ピューピュー」という音が鳴る。彼は、まるで宇宙を滑るように進んでいるかのような、別世界の感覚を味わっていた。寒いけれど雪は降らない初冬の天候が、バウンダリー・ウォーターズを滑らかな、自然の遊び場に変えていた。

【参考動画】薄氷の上をスケートで滑ると聞こえる神秘的な音(解説は英語です)(この動画の記事を読む

「まったく抵抗を感じないのです」と話すバクスリー氏は、自身が運営するバウンダリー・ウォーターズ・ポッドキャストで、ミネソタの自然探検について配信している。「まるで空を飛んでいるみたいです」

 人間は、何千年も前から、凍った水面を滑って移動してきた。知られている限りで最古のアイススケート靴は、動物の骨から作られたもので、紀元前1800年にさかのぼる。こうした遺物の大部分は、北欧やオランダなどで発見されている。極寒の気候と水辺の多い地形のため、スケートが冬の旅の効率的な手段だったのだ。苦労して歩かなければならないところを、スケートなら文字通り滑って移動することができた。

 それから数千年後の現在、未整備の湖や川でのアイススケート(愛好家は「ワイルド・スケート」と呼んでいる)の人気が、米国で高まっている。このアウトドア・アドベンチャーがもつ移動と脱出という側面が、パンデミック下における自由を味わわせてくれるからかもしれない。

究極のフリースタイル・スケート

 2020年の春、コロナ禍で屋内リンクが閉鎖された際、アイススケート靴の売り上げが激減したと話すのは、ミネソタ州に拠点を置くメーカー、リーデル・スケートのオーナー、ダン・リーゲルマン氏だ。しかし、冬が近づくにつれ、屋外でスケートができる米国北部全域で売上が急増し、会社は助かったという。

「このスポーツの人気は、爆発的に高まっています」と、米国アラスカ州アンカレッジのワイルド・スケート愛好家パクソン・ウールバー氏は同意する。近くの店では、10月にスケート靴が完売したと、彼は言う。氏は、寒い季節に滑りやすい氷を探す人たちのコミュニティーをサポートしている。

「良い氷を見つけるのは、とても特別なことです」とウールバー氏は話す。「多くの場合、何も見つかりませんが、時に良い氷に出くわすことがあります。そうした時には、1枚の鏡のような素晴らしい氷が、山あいに広がっていて、ただただ圧倒されます」

 ウールバー氏は、アラスカの荒野の氷を滑る際、フィギュアスケートやアイスホッケーのスケート靴は使わない。同氏が履くのは、ノルディック・スケートの靴だ。鋼のブレードにビンディングという留め具でスケート靴を固定し、踵を持ち上げ、ストロークごとに蹴り出すことができる。

「この靴の方が、荒れた氷の上では、はるかに安定するのです」と、米国ニューハンプシャー州ニューベリーにあるノルディック・スケート店のオーナー、ベン・プライム氏は説明する。また、この靴の長いブレード(38〜53センチ)は長距離に向いていると付け加える。その他の重要な道具としては、バランスを取り推進力を補助するための先端のとがったストック、氷に落ちた人に投げ渡すためのロープが入っているスローバッグなどがある。また、氷からはい上がるために使う道具のアイスクローを携帯する。

 このような道具からも分かるように、ワイルド・スケートには危険がつきものだ。過度に薄い氷や見つけにくい穴を避けるため、ストックでつついたり、アイススクリューで穴を開けたり、さらには重い岩を投げたりして、氷を確かめながら進まなければならない。多くのベテランが、自分が水に落ちたり、仲間が水に落ちるのを見たりしたことがあるという。ほとんどの人は、こうしたリスクを避けるために氷の厚い、安全な所を滑るが、手付かずの薄氷を追い求める愛好家も一部にいる。

参考ギャラリー:絶景、氷の世界のアドベンチャー写真21選(画像クリックでギャラリーへ)
氷の世界へ飛び出した冒険者たちの、美しくも驚くべき写真21点を紹介。 (PHOTOGRAPH BY TURNER FORTE, AURORA)


次ページ:初心者向けの楽しみ方


ここから先は「ナショナル ジオグラフィック日本版サイト」の
会員の方(登録は無料のみ、ご利用いただけます。

会員登録(無料)のメリット

  • 1ナショジオ日本版Webの
    無料会員向け記事が読める
  • 2美しい写真と記事を
    メールマガジンでお届け

おすすめ関連書籍

いちばん美しい世界の絶景遺産(ナショナル ジオグラフィック)

世界の美しい場所は、ずっと見ていられる。唯一無二の美しい場所を手元においていつでも眺めよう。 〔全国学校図書館協議会選定図書〕

定価:2,200円(税込)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加