【動画】火星に着陸する探査車、初めて撮影

NASAが公開、「まるでSF映画の一場面」と担当者

2021.02.26
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 火星に探査車が着陸する瞬間が初めて撮影された。

 映像には、重さ1トンの探査車「パーシビアランス」が、火星のジェゼロ・クレーターの赤茶けた表面に降下していく様子が鮮やかに映し出されている。2月18日(日本時間19日)の着陸時に撮影されたものを、米航空宇宙局(NASA)が公開した。科学者らはこれまで探査車の火星着陸を直接目撃することはできず、探査車の動きを記録したデータから読み取るしかなかった。

「何年も待っていた日がついに来ました。まだ実感が湧きません」と、NASAジェット推進研究所(JPL)のアダム・ネルセン氏は話す。氏は降下映像の撮影を担当したチームの一員だ。「まるでSF映画の一場面のようです」

 NASAはさらに、火星の地表で20日に撮影した360度のパノラマ画像や軌道上で撮影された画像、火星のそよ風の音が聞こえる地表の音声も公開した。(参考記事:「【解説】NASAの探査車「パーシビアランス」が火星着陸に成功」

火星探査車パーシビアランスが20日に撮影した360度のパノラマ画像。(PHOTO BY NASA/JPL-CALTECH (MOSAIC OF SIX IMAGES) HTTPS://MARS.NASA.GOV/NEWS/8870/NASAS-MARS-PERSEVERANCE-ROVER-PROVIDES-FRONT-ROW-SEAT-TO-LANDING-FIRST-AUDIO-RECORDING-OF-RED-PLANET/)
[画像のクリックで拡大表示]

「生命の痕跡探す」任務のため

 パーシビアランスは7カ月かけて4億8000万キロ以上を移動し、火星に到達した。その後、パラシュートで火星の大気圏をゆっくり降下し、スカイクレーンと呼ばれる装置を使ってクレーター内部に軟着陸した。数十億年前、ジェゼロ・クレーターは深い湖だったと考えられている。パーシビアランスの任務はクレーターの岩石や堆積物から太古の生命の痕跡を探すこと、地球の研究室で詳細な調査を行うための岩石サンプルを採取することだ。

「火星が遠い過去に生命を支えていた可能性を示すとても有力な証拠があります。問題は、火星が生きた惑星だったかどうかです」と、パーシビアランスの火星探査プロジェクト「マーズ2020」の科学者を務めるカリフォルニア工科大学のケン・ファーリー氏は話す。(参考記事:「NASAの最新探査車が火星へ、どうやって生命の痕跡探す?」

 その質問に答えるためには、正常に機能する火星探査車が必要だ。NASAは非常に重い6輪のロボット車を火星に安全に到達させる革新的な方法を見つけなければならなかった。2012年には、同じスカイクレーン技術を使い、探査車キュリオシティが火星のゲール・クレーターに着陸した。しかし、着陸する一連の動作を科学者や技術者が火星から見ているかのように実際に見ることができたのは今回が初めてだ。

ナショジオが紹介した火星記事まとめ:生命は見つかる? 人は住める?(画像クリックでまとめ記事へ)
火星に着陸した探査車「パーシビアランス」が何をどうやって調べるのかから、火星への移住計画とその可能性、歴代の探査車の輝かしい活躍ぶりまで、火星の記事を集めてみた。

次ページ:鮮明さとリアルさ

ここから先は「ナショナル ジオグラフィック日本版サイト」の
会員の方(登録は無料のみ、ご利用いただけます。

会員登録(無料)のメリット

  • 1ナショジオ日本版Webの
    無料会員向け記事が読める
  • 2美しい写真と記事を
    メールマガジンでお届け

おすすめ関連書籍

2021年3月号

魅惑の火星を探る/私は死刑囚だった/1本の線と国境紛争/消えるドッグレース

NASAの新しい探査車が火星への着陸に成功しました! 中国やUAEの探査機も相次ぎ火星へ到着し、これから火星の探査が加速しそうです。3月号の特集は「魅惑の火星を探る」。最新探査車の詳細なグラフィックほか火星の今がわかる30ページの大特集です。このほか「私は死刑囚だった」「消えるドッグレース」などの特集を掲載。特製付録は太陽系マップです!

特別定価:1,280円(税込)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加