100万年前のマンモスのDNAを解読、史上最古、定説白紙に

寒さに耐える
100万年前、シベリアのトロゴンテリーゾウは、後のケナガマンモスの繁栄に寄与した低温環境に適応する遺伝子の多くをすでに持っていた。この復元イラストは、最新の研究で解読された最古のDNAから得た新たな知見に基づくものだ。(ILLUSTRATION BY BETH ZAIKEN, CENTRE FOR PALAEOGENETICS)

【元の記事へ戻る】 【CLOSE】

ナショナル ジオグラフィック バックナンバー