絶滅危惧種クロアシイタチのクローン誕生、保護に光

30年以上前に冷凍保存した細胞から、病気やストレスへの耐性高める可能性

2021.02.22
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
米モンタナ州フォート・ベルクナップ先住民居留地で撮影したクロアシイタチ。野生に残る個体数はおそらく500匹未満でみな血縁関係にある。科学者は、死亡から長時間たった個体からクローンを作り、群れにもっと多様性をもたらそうとしている。 (PHOTOGRAPH BY SUMIO HARADA, MINDEN PICTURES)
[画像のクリックで拡大表示]

 世界で初めて体の細胞からクローンがつくられた哺乳類、ヒツジのドリーのことはおそらく耳にしたことがあるだろう。今回は、クロアシイタチのエリザベス・アンを紹介しよう。

 彼女は、米国在来種の絶滅危惧種では初のクローンだ。死後、長期間冷凍保存されていた野生の個体の細胞を使い、クローン化に成功した。

 これは、北米唯一のイタチ科の在来種であるクロアシイタチの保護にとって、画期的な出来事と言える。かつては米西部の広大な地域で見られたクロアシイタチは、農場主や牧場主がクロアシイタチの主食であるプレーリードッグを駆除するにつれて減っていった。1970年代までに絶滅したと考えられていたが、1981年、米ワイオミング州で牧場の犬が小さなコロニーを発見した。(参考記事:「動物大図鑑:クロアシイタチ」

 このわずかな生き残りが、米コロラド州の魚類野生生物局が共同で運営する、飼育下繁殖プログラムの礎となる。その後、繁殖した個体は、中西部に広がる大草原地帯(グレートプレーンズ)の8つの州に再導入された。

 現在の野生の生息数はおよそ400〜500匹だと、米国魚類野生生物局のクロアシイタチ回復コーディネーター、ピート・ゴーバー氏は言う。とはいえ、もとの個体のうち繁殖に成功したのは7匹だけで、現在生きているクロアシイタチはすべて血縁関係にある。

 一方、新たなクローンのもとになった個体は、1980年代中頃にワイオミング州で死亡した、ウィラと名付けられた野生のメスだ。サンディエゴ動物園の母体であるサンディエゴ動物園グローバルでは、世界中の希少種や絶滅のおそれのある種1100種のサンプルを収集、冷凍保存してきたが、ウィラの細胞もこの冷凍動物園に保存されていた。研究者たちは、エリザベス・アンを繁殖させ、その子孫を野生に導入して、より多くの遺伝的多様性を群れにもたらしたいと考えている。(参考記事:「ギャラリー:絶滅の危機から復活しつつある動物 11選」

「我々は、かなり興奮しています。もっと言えば、有頂天になっています」と民間のペットクローン会社バイアジェン(ViaGen Pets and Equine)の最高科学責任者、ショーン・ウォーカー氏は話す。同社は、米国魚類野生生物局、サンディエゴ動物園グローバル、バイオテック保護団体リバイブ&リストア(R&R)と共同で、この取り組みを主導してきた。

次ページ:2024年か25年に野生に再導入の可能性も

ここから先は「ナショナル ジオグラフィック日本版サイト」の
会員の方(登録は無料のみ、ご利用いただけます。

会員登録(無料)のメリット

  • 1ナショジオ日本版Webの
    無料会員向け記事が読める
  • 2美しい写真と記事を
    メールマガジンでお届け

おすすめ関連書籍

PHOTO ARK 消えゆく動物

絶滅から動物を守る撮影プロジェクト

今まさに、地球から消えた動物がいるかもしれない。「フォト・アーク」シリーズ第3弾写真集。 〔日本版25周年記念出版〕 〔全国学校図書館協議会選定図書〕

定価:3,960円(税込)

おすすめ関連書籍

遺伝子の謎

今一番知りたい100の真実

遺伝子のメカニズムを平易な文章と美しいイラストを多用して解説。最新の遺伝子研究が医学や生物学、あるいは農業や犯罪捜査にどのような影響を与えているか、さまざまな事例を通して紹介。

定価:1,540円(税込)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加