【動画】火星の地図は、私たちの火星に対する見方を完全に変えた(解説は英語です)
19世紀、火星の地図を作りたいという熱意は、科学的な発見と、いくつかの非現実的な仮説につながった。それは現在の私たちの火星に対する見方にも大きな影響を与えている。

 現在の私たちは、火星の姿をはっきり見ることができる。1960年代以降、20以上の探査機が火星を訪れ、地表の画像を送り返してきたからだ。

 2021年2月、その歴史に、中国とアラブ首長国連邦(UAE)の探査機、そして米航空宇宙局(NASA)の新しい火星探査車「パーシビアランス(Perseverance)」が加わった。(参考記事:「NASAの最新探査車が火星へ、どうやって生命の痕跡探す?」

 火星の詳細な地図づくりは、これら探査機が大きく貢献した成果の一つだ。しかし人類は、探査機が登場するずっと前から、火星の地図づくりに情熱を燃やしてきた。

 火星の地図を作りたいという願望が熱狂的に高まっていたのは、19世紀半ば頃。天文学者たちは、当時の望遠鏡に浮かび上がるぼんやりとした火星を毎晩のように眺め、手描きでその姿を写し取っていった。写真がなかった時代、そうして描かれた地図こそが真実とみなされ、人々を魅了した。

 だがこれらの地図には、客観的事実よりも、作成者自身の夢や先入観が反映されることが多かった。そして19世紀後半、火星地図の歴史上、最も劇的といえる出来事が起こった。天文学者らが全く異なる2つの火星地図を提示したのだ。両方が正しいということはあり得ない。これは科学にとって大きな挑戦だった。

 それだけではない。この論争の勝者は、その後何十年にもおよぶ火星観察の熱狂的なブームの引き金となり、文学にも着想を与え、今日の文化にまで影響を及ぼしているのだ。(参考記事:「火星地図200年の歴史、こんなに進化した15点」

相反する2つの地図

 1877年、火星が地球に大接近した。予測通りに起きたこのイベントで、天文学者たちはそれまでになく火星を詳細に観察することができた。火星表面を地図に描く絶好のチャンスだったが、「言うは易く、行うは難し」だった。

「火星の地図を作成していたのは天文学者です。地理学者や地図づくりの専門家ではありません。しかし彼らは、地理学の分野からあらゆる概念を引っ張り出して、火星に適用しました」と米ニューメキシコ大学の歴史地理学者マリア・レーン氏は言う。

 そんななかで地図を作った一人は、英国のアマチュア天文学者ナサニエル・グリーンだった。彼はプロの芸術家であり、火星を長年観測していた。1877年の火星接近の際、彼はいつもの観測場所であるロンドン近郊の庭ではなく、ポルトガルのマデイラ島にいた。そこは上空の大気が安定しており、火星をより鮮明に見ることができる。グリーンは2カ月間で41枚の火星のスケッチを描いた。

 彼は同僚の観察結果と比較してから自身のスケッチをまとめ、かつてないほど詳細な火星表面の地図を作成した。グリーンが作った火星地図には、広大な平原と、そこから徐々に隆起する地形、様々な造形が溶け込んだ繊細な陰影が描かれていた。彼は従来の火星観測者らのやり方にならいながら、それらの地形に名前を付けた。

次ページ:もう一人の地図作成者、ジョバンニ・スキャパレッリ

ここから先は「ナショナル ジオグラフィック日本版サイト」の会員の方(登録は無料のみ、ご利用いただけます。

会員登録(無料)のメリット

  • 1ナショジオ日本版Webの
    無料会員向け記事が読める
  • 2美しい写真と記事を
    メールマガジンでお届け

おすすめ関連書籍

2021年3月号

魅惑の火星を探る/私は死刑囚だった/1本の線と国境紛争/消えるドッグレース

NASAの新しい探査車が火星への着陸に成功しました! 中国やUAEの探査機も相次ぎ火星へ到着し、これから火星の探査が加速しそうです。3月号の特集は「魅惑の火星を探る」。最新探査車の詳細なグラフィックほか火星の今がわかる30ページの大特集です。このほか「私は死刑囚だった」「消えるドッグレース」などの特集を掲載。特製付録は太陽系マップです!

特別定価:1,280円(税込)

おすすめ関連書籍

宇宙を回す天使、月を飛び回る怪人

世界があこがれた空の地図

美しく奇抜な発想があふれる驚異の芸術。ベストセラー第3弾! 〔全国学校図書館協議会選定図書〕

定価:2,970円(税込)