ストーンヘンジの起源に新説、石はリユース品だった

英ウェールズのワイン・マウン遺跡で2017年に試掘調査が行われた。かつてはここに石が立ち、弧を描いていたはずだ。同遺跡で発見された石の「ソケット(くぼみ)」の断面は、ストーンヘンジにあるブルーストーンの断面と一致した。約280キロ離れたイングランドまで石が意図的に運ばれたことが示唆される。(PHOTOGRAPH BY A. STANFORD)

【元の記事へ戻る】 【CLOSE】

ナショナル ジオグラフィック バックナンバー