10年間で70%減少 南ア、世界最大のサイの個体群どう救う?

南アフリカの民間保護区に暮らすサイの多くは角を切り取られている。密猟者に命を奪われる確率を減らすためだ。しかし、角は数年たてば再び生えてくるため、金銭的な余裕がない公営の公園にとっては現実的ではない。写真は故ジョン・ヒュームの野生動物牧場で飼育されているサイ。(PHOTOGRAPH BY BRENT STIRTON)

【元の記事へ戻る】