あわや街が消えていた、米国に2発の水素爆弾が降った夜

冷戦時代、米国によるクロームドーム作戦の一環として、空軍のB-52爆撃機が昼夜を問わず世界中の空を飛行していた。(PHOTOGRAPH BY DEPARTMENT OF DEFENSE, THE LIFE PICTURE COLLECTION/GETTY)

【元の記事へ戻る】