2000万年前の海底に巨大イソメか、巣穴の化石を発見、台湾

古代のオニイソメの摂食行動と、Pennichus formosaeと名付けられた生痕化石の形成過程の仮説を示す3Dモデル。オニイソメはL字型の巣穴の中で待ち伏せして、巣穴の上を通る魚を強力な顎を使って捕まえる。巣穴の入り口は漏斗状に崩れ、その下の白い線は羽状に崩れた構造を示している。(COURTESY OF LUDVIG LÖWEMARK)

【元の記事へ戻る】 【CLOSE】

ナショナル ジオグラフィック バックナンバー