マスクの不快感、「折り紙」技術で解決できるか

着用時の不快感や息苦しさを軽減、快適で美しくより安全に

2021.01.26
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
米Air99社の「エアガミ」マスクは複雑に折り込まれた構造になっている。折り目の重ね方によってマスクに独特の構造を与え、顔の周りにぴったりフィットするようにしている。(COURTESY OF RICHARD GORDON)
米Air99社の「エアガミ」マスクは複雑に折り込まれた構造になっている。折り目の重ね方によってマスクに独特の構造を与え、顔の周りにぴったりフィットするようにしている。(COURTESY OF RICHARD GORDON)
[画像のクリックで拡大表示]

 伝統的な折り紙の技術を使うことで、マスクのフィット感が増し、その機能やファッション性が高まるかもしれない。

 リチャード・ゴードン氏は、折り紙の技術を用いたマスク「エアガミ(Airgami)」を販売する米Air99社の創設者兼CEO。ゴードン氏が折り紙マスクを作り始めたのは、今から10年以上も前のこと。きっかけは、中国の蘇州で、大気汚染から息子を守るためのフィット感の良いマスクが見つからなかったことだった。しかし、今回のパンデミックで、ゴードン氏をはじめマスク開発者の仕事は新たな緊急性を帯びてきた。

 ワクチン接種の順番を待つ米国人にとって、マスクの着用は、感染拡大を抑えるための重要な対策だ。バイデン新大統領は、今後100日間はマスクを着用するようにすべての米国人に呼びかけており、連邦政府の建物内でのマスク着用を義務付ける大統領令に署名した。

 バイデン大統領は就任式で、「私たちはこれから新型コロナウイルスによる最も過酷で悲惨な期間に入ろうとしています」と語った。「政治を脇に置き、1つの国家としてパンデミックに直面しなければなりません」

 マスクはパンデミック後も、ウイルス対策や汚染対策として、重要な役割を果たす可能性がある。マスクは多くの国々で日常生活の一部になっているが、米国ではそうではない。しかし、ナショナル ジオグラフィックと調査会社のモーニング・コンサルトが最近行った世論調査によると、米国でもマスクの着用に対する姿勢が変わりつつあるようだ。米国の2200人の成人の約63%が、パンデミック後も常時または時々マスクを着用すると回答した。約64%は、大気汚染を防ぐためにマスクをすると答えた。さらに67%が、インフルエンザの季節にはマスクをすると答えている。

 しかし、マスクへの不満は多い。平べったいマスクをしていると、濡れた布を顔に押しつけられたような不快感に悩まされる。布製のマスクや医療用マスクは、健康な成人には十分な量の酸素を通すことができるが、息苦しく感じさせるものもある。さらに、ウイルスを防ぐ効果はマスクによってまちまちだ。折り紙マスクは、こうした問題の多くを緩和できると期待されている。

折り紙マスクができるまで

 折り紙マスクの開発において、最初の大きなハードルは素材である。マスクは単純な濾し器ではなく、粒子を捕まえる迷路のようなものだ。粒子が壁にぶつかる機会が多ければ多いほど、フィルターの性能は良いことになる。1層よりも2、3層ある方が優れており、無秩序な構造を持つ素材ほど良いフィルターになる。

 米カリフォルニア大学アーバイン校の博士課程研究員であるジョナサン・リアルムート氏は、一般の人が入手しやすい材料の中にも、効果的なマスクになるものがあると言う。なかでも、暖房、換気、空調システムに広く使用されている不織布のフィルターは特に効果的で、ほとんどのホームセンターで購入できる。(参考記事:「新型コロナ、マスク自作に際し知っておきたいこと」

次ページ:何より重要なのは顔にフィットすること

ここから先は「ナショナル ジオグラフィック日本版サイト」の
会員の方(登録は無料のみ、ご利用いただけます。

会員登録(無料)のメリット

  • 1ナショジオ日本版Webの
    無料会員向け記事が読める
  • 2美しい写真と記事を
    メールマガジンでお届け

おすすめ関連書籍

ビジュアル パンデミック・マップ

伝染病の起源・拡大・根絶の歴史

ささいなきっかけで、ある日、爆発的に広がる。伝染病はどのように世界に広がり、いかに人類を蹂躙したのか。地図と図版とともにやさしく解き明かす。 〔全国学校図書館協議会選定図書〕

定価:2,860円(税込)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加