絶滅オオカミ「ダイアウルフ」、実はオオカミと遠縁だった

DNA解析により定説を覆す成果、謎深まる

2021.01.16
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
赤毛のダイアウルフ(Canis dirus)とタイリクオオカミ(Canis lupus)の対決。アーティストのマウリシオ・アントン氏が研究者の意見を聞いて2020年に描いた。ダイアウルフはドール(アカオオカミ)やアビシニアジャッカル(エチオピアオオカミ)と遺伝的に近いと示唆する研究を受け、これまで考えられていたより毛を赤くした。(ILLUSTRATION BY MAURICIO ANTON)
[画像のクリックで拡大表示]

 ダイアウルフ(Canis dirus)は、今からおよそ1万3000年前に絶滅したイヌ科の動物。体重は約70キロと、現在のタイリクオオカミ(Canis lupus)より大きく、南北アメリカ大陸の広い範囲に生息し、氷河期のウマや巨大ナマケモノなど絶滅した動物たちを捕食していた。

 しかし、謎は数多く残っている。ダイアウルフはどこから来たのか? 現代のオオカミとどれくらい似ていたのか? 何十万年も生き延びた末に絶滅したのはなぜか?

 このほどダイアウルフの複数の個体のゲノム(全遺伝情報)が初めて解析され、驚きの事実がいくつか判明した。まず、ダイアウルフはタイリクオオカミに近い仲間と考えられてきたが、進化上は遠い関係にあり、アメリカ大陸で長く孤立していたことがわかった。

「ダイアウルフとタイリクオオカミは形態学的に非常によく似ていますが、遺伝的には全くもって近い関係ではありません」と英ダラム大学の考古学者アンジェラ・ペリー氏は説明する。氏らの論文は1月13日付けで学術誌「ネイチャー」に発表された。

 この研究によって他のイヌ科動物との関係が明らかになり、ダイアウルフは約570万年前にタイリクオオカミの祖先から枝分かれした「新世界」の系統であることが判明した。その結果、ダイアウルフの進化と絶滅の謎はさらに深まった。

「新たな疑問が生まれます。彼らの絶滅は、気候や環境の変化と関係しているのでしょうか。それともヒトや、他のオオカミやイヌ(あるいは病気)が到来し、彼らを絶滅に追いやったのでしょうか」とペリー氏は話す。

2008年に描かれたダイアウルフとコロンビアマンモスの群れ。このイラストでは、ダイアウルフの毛は現代のタイリクオオカミと同じように描かれているが、アーティストのマウリシオ・アントン氏は現在、もっと赤みを帯びた色で描くようにしている。(ILLUSTRATION BY MAURICIO ANTON)
[画像のクリックで拡大表示]

次ページ:恐ろしいオオカミ

ここから先は「ナショナル ジオグラフィック日本版サイト」の
会員の方(登録は無料のみ、ご利用いただけます。

会員登録(無料)のメリット

  • 1ナショジオ日本版Webの
    無料会員向け記事が読める
  • 2美しい写真と記事を
    メールマガジンでお届け

おすすめ関連書籍

犬の能力

素晴らしい才能を知り、正しくつきあう

人の心をつかんで離さない、犬の魅力はどこからくるのか? 最新の動物行動学に基づいた基礎知識がわかる。 〔全国学校図書館協議会選定図書〕

定価:1,540円(税込)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加