急速に消える昆虫たち、だが希望はある、科学者らが警鐘

まるで「千の傷を受けて死に至るようなもの」、有力学術誌が大特集

2021.01.13
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
エクアドルの調査現場で、照明を当てたシーツに夜行性の虫たちが集まってきた。(PHOTOGRAPH BY DAVID LIITTSCHWAGER, NATIONAL GEOGRAPHIC, PHOTOGRAPHED AT IYARINA STATION AT GOMATAON)

 地球の昆虫は、毎年今の1~2パーセントずつその量を減らしている。特に深刻な地域では、20年間で昆虫全体の3分の1が失われる恐れがある。

 そう警告するのは、権威ある学術誌「米国科学アカデミー紀要(PNAS)」の表紙を飾った特集「地球規模で昆虫が減っている」に寄せられた一連の論文だ。1月11日付けで発表された11本の論文には数十人の専門家が参加し、世界の様々な場所で昆虫たちに今何が起きているのかを伝えている。

 だが、すべての昆虫がそれほど急速に減少しているわけではない。なかには、数が増えている昆虫もいる。そして何よりも重要なのは、研究者たちによれば、まだ昆虫を救う道は残されているということだ。

 1000万種はいると言われる昆虫の世界を脅かしている問題は、ひとつだけではない。森林消失、気候変動、外来種、農業の工業化、そして光害まで、あらゆる脅威が昆虫たちに迫っている。

「千の傷を受けて死に至るようなもの」と、論文に関わった米コネチカット大学の昆虫学者デビッド・ワグナー氏は表現する。

 世界の食料供給を支えたり、庭の美しい花を咲かせたりするなど、花粉を媒介する昆虫たちの健全な数を維持することは極めて重要だ。虫が苦手という人は多いが、私たちの生活に虫が果たす役割の大きさは、どんなに強調してもしすぎることはない。科学者たちは、その昆虫を救う努力を優先すべきだと警告する。

「昆虫も、他のあらゆる野生生物と同様に減っています」。論文の協力者のひとりで、米ネバダ大学リノ校の昆虫生態学者マシュー・フォリスター氏は言う。「けれど、回復への道は確かにあります。険しい道ですが、まだ手遅れではありません」

実態を慎重に評価

 昆虫が世界的に減少しているという報告は、最近になって出てきた話ではない。ここ数年間、昆虫終末論から終末懐疑論まで、全く異なる見解の論文やニュース記事が次々に発表されている。(参考記事:「世界の昆虫種の40%が減少、数十年で絶滅の可能性」

 最新の論文に関わったワグナー氏や他の研究者たちは、誇張的な論争はさておき、昆虫の世界的な実態を把握するために、できるだけ多くの研究を分析することにした。

 それは、ある特定の地域で極端に数が減っているという事実を取り上げて、そこから全世界的な傾向を推測するという過去の研究と比べて「はるかに抑制された、慎重で客観的な評価です」と、ワグナー氏は言う。

次ページ:私たちにできることがある

ここから先は「ナショナル ジオグラフィック日本版サイト」の
会員の方(登録は無料のみ、ご利用いただけます。

会員登録(無料)のメリット

  • 1ナショジオ日本版Webの
    無料会員向け記事が読める
  • 2美しい写真と記事を
    メールマガジンでお届け

おすすめ関連書籍

2020年5月号

昆虫たちはどこに消えた?/自閉症を抱えて大人に/自閉症の兆候を早く見つける/南米 大自然の贈り物/日本人とニホンザル/緑の草地へ続く道

世界各国で昆虫たちが急減しています。地球上で今何が起きているのか、「昆虫たちはどこに消えた?」で詳しくレポートします。このほか、自閉症について取り上げた二つの特集「自閉症を抱えて大人になる」「兆候を早く見つける」のほか、「日本人とニホンザル」など6本の特集を掲載。

定価:本体1,100円+税

  • このエントリーをはてなブックマークに追加