米議会乱入事件、現場にいた記者は何を見た?

形式的な手続きで済むはずだった議会は、前代未聞の騒乱の場と化した

2021.01.12
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
家具でバリケードが築かれた米連邦議会議事堂内の廊下。この日、トランプ支持者のデモ隊は、選挙人の投票数を確認する形式的な手続きを妨害するために、議事堂の外の防壁を突破して議事堂内に乱入し、暴れ回った。(PHOTOGRAPH BY VICTOR J. BLUE, BLOOMBERG/GETTY IMAGES)

6日に発生した前代未聞の米議会乱入事件。議事堂内の生々しい様子を、ジャーナリストのロバート・ドレイパー氏が報告する。

 2021年1月6日水曜日の午後1時前、マイク・ペンス副大統領は100人の上院議員の行列の先頭に立ち、米連邦議会議事堂のロタンダ(円形広間)を横切って下院に向かっていた。

 全員がマスクをつけて粛々と行進し、足音だけが大理石の廊下に響き渡った。彼らはこれから選挙人投票の結果を正式に集計し、昨年11月の米国大統領選挙の結果を最終的に決定する。

 これはごく形式的な手続きであり、通常ならば誰も気にとめない儀式のようなものだ。一部の共和党議員が選挙結果に異議を申し立てようとしていることが数日前から報道されていたものの、最終的にはその日の終わりまでにバイデン氏の勝利が確定するはずだった。けれども私は、ほんの数分前に議事堂の地下のカフェテリアで気がかりな情報を耳にしていた。

 そばにいた議会警察官のトランシーバーから、数ブロック先の共和党全国委員会本部の隣で「爆弾のような装置」が発見されたと聞こえてきたのだ。その知らせを聞いて、3人の議会警察官が走り出していった。私は直後にその場を離れた。何事も計画通りにはいかないものだと思いながら。

 副大統領と上院議員が下院に入るのを見届けた後、私は議事堂のほかの場所で問題が発生していないか確認することにした。新型コロナ対策と副大統領が来ていることを理由に、議事堂内には許可を得たスタッフとメディアしか立ち入ることができなかった。円形広間には1人の警備員もいなかった。階段で、どこかに走っていく1人の警官とすれ違った。私がいることにも気付いていない様子で、どうしたのだろうと思った。

トランプ大統領の選挙旗を掲げ、大統領支持のシンボルとなっている赤い帽子をかぶって議事堂に押し入る暴徒。(PHOTOGRAPH BY WIN MCNAMEE, GETTY IMAGES)

 西側のテラスへの出口で、6人の警官が建物内に飛び込んできた。顔は赤く、まぶたが腫れている。彼らは催涙スプレーを洗い流すための水を探していた。1人は医務官を呼んだ。もう1人は廊下を走っていって女子トイレのドアを叩き、よろめきながら中に入った。2人の議会職員がキャビネットを探し回ってバケツを見つけ、水を入れ始めた。私が警官のところまでバケツを運ぶと、彼はそれをつかんで外に戻った。そこでは暴徒に攻撃されて退却した数人の警察官が治療を待っていた。

 1人の若い警官が建物内の壁にもたれかかっていた。彼は胸を大きく上下させながらアルミの袋を開けてガスマスクを取り出した。私は彼に、デモ隊に催涙スプレーを使ったのかと尋ねた。

「違います」と、彼はあえぎながら言った。「彼らが私たちに容器を投げつけているのです」

顔に薬品を吹きつけられ、水で目を洗い流す議会警察官たち。(PHOTOGRAPH BY TOM WILLIAMS, CQ-ROLL CALL/GETTY IMAGES)

 外の暴徒の声はますます大きくなり、これに対処するには明らかに人数が足りない。議会警察の不安がつのっていくのがわかった。議事堂の出口は封鎖されていた。私は長いトンネルを通ってキャノン下院議員会館に行ったが、議員たちはすでに避難していた。数十人の職員が緊張した面持ちで廊下に身を寄せ、海外メディアの数人の記者が彼らに取材をしていた。私は警備員から、議事堂から出るにはレイバーン議員会館の地下駐車場を抜けていくしかないと教えられた。

次ページ:「これまで米国では感じたことのない」緊迫した気配

ここから先は「ナショナル ジオグラフィック日本版サイト」の
会員の方(登録は無料のみ、ご利用いただけます。

会員登録(無料)のメリット

  • 1ナショジオ日本版Webの
    無料会員向け記事が読める
  • 2美しい写真と記事を
    メールマガジンでお届け

おすすめ関連書籍

世界を変えた100日

写真がとらえた歴史の瞬間

各誌紙の書評で激賞!世界が“変わった”瞬間をとらえた報道写真で現代の歴史を読む!

定価:本体2,800円+税

  • このエントリーをはてなブックマークに追加