クリスマスツリーはいつ、どこで生まれたのか?

ツリーの発祥、ドイツから南極まで世界各地のツリー文化をたどる

2020.12.24
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
1848年12月、クリスマスツリーを見つめるビクトリア女王と夫のアルバート公とその子供たち。このイラストにはさまざまなバリエーションがあり、それが出回ったことをきっかけにクリスマスにツリーを飾る習慣が広まった。(PHOTOGRAPH BY HULTON ARCHIVE, GETTY IMAGES)

 クリスマスツリーとは、考えてみれば奇妙な習慣だ。毎年12月、世界各地で人々が森へ出かけて木を切り倒し、それを家に引きずって帰って、ライトや飾りをつけたかと思うと、1月にはもう用なしとばかりにそれを捨ててしまうのだから。(参考記事:「クリスマスの歴史とトリビア」

「常緑樹を冬至の祝祭の飾りにするというのは、古代世界から残る伝統であり、死と暗黒に対する生命と光の勝利を表しています」。オーストラリア、シドニー大学宗教学教授のキャロル・キューザック氏はそう語る。

 こうした古代の宗教の伝統がいつ、どこで現在のようなキリスト教の伝統に変化したのかを正確に見極めるのは難しい。この記事では、クリスマスツリーがどのようにして進化し、その途上で様々な伝統を生んでいったのかを見ていきたい。

ニューヨーク、ロックフェラーセンターのクリスマスツリー。5万個を超えるLEDライトが、高さ約23メートルのオウシュウトウヒを彩る。(PHOTOGRAPH BY DIANE BONDAREFF, AP IMAGES FOR TISHMAN SPEYER/XINHUA/ALAMY STOCK PHOTO)

発祥の地を争う2カ国

 バルト海に面したラトビアとエストニアは、どちらも自国こそが世界で初めてクリスマスツリーを飾った場所であると主張している。ラトビアのクリスマスツリーの始まりは、1510年に「ハウス・オブ・ザ・ブラックヘッズ」とよばれる商人ギルドが1本の木を街に持ち込み、飾りを付け、その後燃やした出来事とされる。一方のエストニアは、1441年、首都タリンにおいて、同様の祝祭がまったく同じギルドによって行われた証拠があると主張している。

エストニアの首都タリンのマーケットに立つ大きなクリスマスツリー。ラトビアとエストニアは、どちらもクリスマスツリー発祥の地を自称している。(PHOTOGRAPH BY DAVID MIN, GETTY IMAGES)
ラトビア、リガの聖ペテロ教会の外にそびえるクリスマスツリー。(PHOTOGRAPH BY IKARS KUBLINS, ALAMY STOCK PHOTO)

 歴史家はしかし、どちらの説にも懐疑的だ。ラトビア国立図書館のグスタフス・ストレンガ氏は2016年、米ニューヨーク・タイムズ紙に、商人ギルドが行った祝祭はクリスマスとは無関係である可能性が高いと述べている。

次ページ:歴史が示す発祥の地

ここから先は「ナショナル ジオグラフィック日本版サイト」の
会員の方(登録は無料のみ、ご利用いただけます。

会員登録(無料)のメリット

  • 1ナショジオ日本版Webの
    無料会員向け記事が読める
  • 2美しい写真と記事を
    メールマガジンでお届け

おすすめ関連書籍

西洋アンティーク・ボードゲーム

19世紀に愛された遊びの世界

ヨーロッパのボードゲームが花開いた黄金時代。「西洋版すごろく」の豊かな世界をビジュアルにたどる。

定価:本体2,700円+税

  • このエントリーをはてなブックマークに追加