絶滅危惧のキツネザルがコロナ禍で窮地に、最新調査で判明

失業した人々による森林破壊と密猟が増加、観光業に大きく依存するマダガスカル

2020.12.20
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
絶滅危惧種のベルテネズミキツネザル(Microcebus berthae)は、人の手のひらに載るほど小さい。(PHOTOGRAPH BY BRUNO DAMICIS, NATIONAL GEOGRAPHIC)

 アフリカ大陸の東、西インド洋に浮かぶマダガスカル島で、自然保護団体ファナンビーの代表を務めるティアナ・アンドリアマナナ氏は、煙に包まれた森林を見て危機感を抱いた。今年3月のことだった。農地を拡大するために森林に火を放つという違法行為は以前からあったが、これほど早い時期から広範囲で火の手が上がるのは異常だった。

 3月下旬に新型コロナウイルス感染症の拡大を抑えるために都市封鎖が発令されて以来、マダガスカルでは森林破壊が悪化している。感染を避けるために都市部を離れ、農村部へ移住した人々が、農作物を育てて生活の糧とするために、森を開墾して農地にしようとしているからだ。

[画像のクリックで拡大表示]

 切り倒した木を燃やして木炭を作る人々も増えている。木炭は、薪よりも軽量で運びやすい。

 アンドリアマナナ氏をはじめとする保護活動家たちは、これらの違法行為が森にすむ107種のキツネザルに与える影響を懸念している。まん丸い目に長い鼻口部、ふさふさの尾を持つキツネザルは、地球上でマダガスカルにしか生息していない。それが、主にここ数十年の森林消失により、3分の1近くが国際自然保護連合(IUCN)により近絶滅種(Critically Endangered)に指定され、その他の種もほとんどが絶滅を危惧されている。

パンデミック前、マダガスカル島の貴重な観光資源であった生物多様性が、森林破壊によって脅威にさらされている。(PHOTOGRAPH BY ADRIANE OHANESIAN, NATIONAL GEOGRAPHIC)

 地理的に孤立し、多様な森林に恵まれたマダガスカル島には、何千種という固有の動植物が暮らしている。ところが、キツネザルと同様にその豊かな自然が今、人間活動による脅威にさらされているのだ。

 パンデミックの影響で多くのキツネザル研究者がマダガスカルを離れた。残った研究者も遠く離れた森林へ現地調査に出かけることが難しくなっている。それでも、マダガスカル当局と協力する森林保護団体のパトロール隊による報告や、地元住民を対象にした家庭調査、衛星写真の分析結果から、キツネザルの生息地の消失が加速し、密猟が増えている実態が明らかになっている。

次ページ:世界でも最も貧しい国のひとつ

ここから先は「ナショナル ジオグラフィック日本版サイト」の
会員の方(登録は無料のみ、ご利用いただけます。

会員登録(無料)のメリット

  • 1ナショジオ日本版Webの
    無料会員向け記事が読める
  • 2美しい写真と記事を
    メールマガジンでお届け

おすすめ関連書籍

PHOTO ARK 消えゆく動物

絶滅から動物を守る撮影プロジェクト

今まさに、地球から消えた動物がいるかもしれない。「フォト・アーク」シリーズ第3弾写真集。 〔日本版25周年記念出版〕 〔全国学校図書館協議会選定図書〕

定価:3,960円(税込)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加