氷原が解けて過去6千年分68本の矢が見つかる、ノルウェー

ノルウェーのラングフォンネ氷原から出てきた木製の矢柄を調べる研究者。氷の中に閉じ込められた大昔の遺物が、近年の氷の融解で発見されることが増えている。年代は放射性炭素年代測定法を用いて特定される。(GLACIER ARCHAEOLOGY PROGRAM, INNLANDET COUNTY COUNCIL)

【元の記事へ戻る】 【CLOSE】

ナショナル ジオグラフィック バックナンバー