NYの巨大クリスマスツリーに隠れていたフクロウ、森へ帰る

ロッキーの世話をするレイブンズビアード・ワイルドライフ・センターの運営者エレン・カリッシュ氏。ロッキーは発見時、脱水症状だったが無傷で、6日間のリハビリ後、森に放たれた。(PHOTOGRAPH BY RAVENSBEARD WILDLIFE CENTER)

【元の記事へ戻る】 【CLOSE】

ナショナル ジオグラフィック バックナンバー