世界一過酷なヨットレースに挑む、勇敢な6人の女性たち

「ヴァンデ・グローブ」3カ月をかけ、単独無寄港での世界一周を目指す

2020.11.18
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年のヴァンデ・グローブのためにカンパーニュ・ド・フランス号でトレーニングをする英国人スキッパーのミランダ・メロン氏(51歳)。氏は今回のレースに出場する6人の女性たちの一人だ。(PHOTOGRAPH BY CAMPAGNE DE FRANCE, VENDEE GLOBE 2020)

 怪物のような大波、クジラとの衝突、大海原の真ん中での転覆。世界一過酷なヨットレース「ヴァンデ・グローブ」の恐ろしさは並大抵ではない。このレースに出場する選手たちは、単独でどこにも寄港せずに世界を一周することが求められる。

「海のエベレスト」とも呼ばれるヴァンデ・グローブは、およそ4万8000キロを3カ月かけて航行する、肉体的にも精神的にも究極のレースだ。完走者には世界からの称賛が待っている。最高の栄誉は、2016-2017年のレースでアルメル・ル・クレアッシュ氏が打ち立てた74日間という大会記録を破ることだ。

 11月8日に出航した33人のスキッパー(艇長)のうち、6人が女性であり、この数はヴァンデ・グローブ史上最多となる。女性の最年長は51歳のミランダ・メロン氏で、最年少は30歳のクラリス・クレメール氏。出場経験があるのは46歳のサマンサ・デイヴィース氏のみで、彼女にとって今回が3度目の挑戦だ。(参考記事:「インタビュー:海洋冒険家ローラ・デッカーさん、16歳でヨットで単独世界一周」

 過去に女性が優勝した例はないが、上位に入賞した者はいる。エレン・マッカーサー氏は2000-2001年のレースで、優勝者から1日遅れの2位に入った。デイヴィース氏は2008-2009年のレースで4位に入り、惜しくも表彰台を逃している。

レースのスタート地点とゴール地点はフランスのレ・サーブル=ドロンヌ。レース中、参加者たちは巨大な波や氷山など難敵と対峙する。(PHOTOGRAPH BY STEPHANE MAHE, REUTERS)

「これはプロのセーリング界におけるジェンダー平等が進んでいる証拠です」と、デイヴィース氏は今回の女性選手の数について語る。「ほかの5人の女性たちには、大きな敬意を抱いています。彼女たちは皆、経験豊富なすばらしいセーラーです」

危険と隣り合わせ

 1989年に創設されたヴァンデ・グローブは、今ではセーリング界の最高峰と言われている。4年に一度開催されるこの危険なレースを完走することは、それ自体が快挙だ。これまでレースに参加した167人のうち、ゴールに到達できたのはわずか89人に過ぎない。

 ヴァンデ・グローブのコースは、大西洋に面したフランスの街レ・サーブル=ドロンヌをスタートおよびゴール地点としており、世界三大岬(アフリカの喜望峰、オーストラリアのルーイン岬、南米のホーン岬)を越えて航行する。

 とりわけ厄介なのは南極海で、スキッパーたちは強風と巨大な波、そして氷山と闘わなければならない。

 ニュージーランドの脇を通り抜けると、艇はあらゆる地理的な目印から遠く離れた海域に入る。30ノット(時速約56キロ)の高速で航行していると、波にぶつかる衝撃はまるで車の衝突事故のようで、船外に投げ出される可能性もある。

 そんな時は、いちばん近くから救助に向かえる者が、レースの参加者である場合も少なくない。サマンサ・デイヴィース氏は2008-2009年のレースの際、インド洋での事故で骨盤と脚を骨折したヤン・エリエス氏を救助するために迂回をしたスキッパーのひとりだ。

次ページ:肉体と精神と

おすすめ関連書籍

奇跡のサバイバル60

大震災、飛行機脱落、登山事故、誘拐……絶体絶命の状況から九死に一生を得た人々。生死を分けた判断、状況は何だったのか?ストーリー仕立てで臨場感あふれる文章と、脱出ルートをたどる詳細な地図、豊富な写真や資料で、奇跡の生還劇60本をドラマチックに再現します。

定価:本体2,400円+税

  • このエントリーをはてなブックマークに追加