“最も汚染された街”デリーの大気汚染が秋に最悪に、インド

今年前半だけでもコロナの3倍超が犠牲に、秋以降にはさらに悪化か

2020.11.17
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ある朝、スモッグに覆われたインドの首都ニューデリーのプラガティ・マイダン駅付近。地下鉄デリー・メトロの柱に植物が植えられているのは、野焼きで秋冬に悪化する大気汚染を緩和するためでもある。(PHOTOGRAPH BY SAUMYA KHANDELWAL)
[画像のクリックで拡大表示]

 今年もまた、インドのデリー首都圏にあの季節がやって来た。灰色がかったオレンジ色のスモッグが立ち込める中、ドアや窓を固く閉めて空気清浄機を動かさなければならない。

 インドの首都ニューデリーは世界で最も大気汚染が深刻な都市の一つだ。自動車、石炭火力発電所、料理用コンロなどが主な原因だが、悪化の度合いは時期によって変わり、最も悪化するのは秋だ。インド北西部のパンジャブ州とハリヤナ州で、コメ農家が次に植える小麦のために9月下旬頃から田畑を焼く煙が流れてくるからだ。

[画像のクリックで拡大表示]

 2020年は特に、スモッグが新型コロナウイルス感染症に与える影響も気になるところだ。

「息切れやアレルギーが悪化するこの季節が、本当に憂鬱です」。環境問題に取り組む17歳のアディティア・ドゥベイさんはそう話す。「今年は肺を傷つける新型コロナウイルスのこともありますから、今まで以上に状況は悪そうです」

 彼が不安になるのも無理はない。大気汚染指数が悪化するなか、ニューデリーでは11月11日、新型コロナウイルスの1日の感染者数が過去最高の8500人に上った。当局高官が感染者の急増を大気汚染のせいにしたとの報道もある。実際、大気汚染が新型コロナウイルス感染症の死者数を世界で15%増加させていると推定する研究結果が学術誌「Cardiovascular Research」に10月27日付けで発表された。

[画像のクリックで拡大表示]

 2019年、大気汚染が原因で死亡した人数は世界で667万人に上った。そのうち167万人以上を占めるインドでは、8割を超える都市が大気汚染に悩まされている。また同年、世界で最も大気汚染が深刻だった30都市のうち、21がインドの都市だった。

 デリー首都圏の当局は2019年、大気汚染のレベルがすべての基準値を上回ったことから公衆衛生上の緊急事態を宣言し、学校の休校、建設工事の中断、飛行機の欠航などを命じた。しかし、冬のデリーに大気汚染をもたらす原因の40%を占める野焼きを止めさせるのは、そこまで簡単ではない。

次ページ:「緑の革命」が残したもの

ここから先は「ナショナル ジオグラフィック日本版サイト」の
会員の方(登録は無料のみ、ご利用いただけます。

会員登録(無料)のメリット

  • 1ナショジオ日本版Webの
    無料会員向け記事が読める
  • 2美しい写真と記事を
    メールマガジンでお届け

おすすめ関連書籍

Colorful Life 幸せな色を探して

旅する写真家は知っている。笑顔で暮らす日々には、鮮やかな色が満ちている。 〔日本版25周年記念出版〕

定価:本体2,200円+税

  • このエントリーをはてなブックマークに追加