ここまでわかったストーンヘンジ、その謎と壮大な規模

火葬、宴会、「木」のヘンジ…解明される遺跡同士のつながりと意味

2020.11.22
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ストーンヘンジはいつできたのか

 エイボン川沿いには、ストーンヘンジに関連する新石器時代の遺跡が複数並んでいる。この土地は、後退する氷河に削られてできた地面の溝が、偶然にも夏至と冬至における太陽の方向と一致したため、特別な場所とされたのだろうと考えられている。

 人間の手になる最初の遺構の一つが「グレーター・カーサス」だ。紀元前3500年頃に造られ始めた、低い土塁に囲まれた壕であり、長さが3キロで、幅が100〜150メートルもある。ストゥークリーはこれをストーンヘンジの北およそ800メートルの場所で発見した。グレーター・カーサスの詳細な用途は不明だが、おそらくは儀式に使われたのだろうと推測されている。(参考記事:「ストーンヘンジの原点 最果ての巨石文明」

2000年がかりで建造されたストーンヘンジ
第1段階(紀元前3100〜2935年)
ストーンヘンジは最初、環状に築かれた二重の土手とその間の溝が完成した。その内側には56個の穴(「オーブリー・ホール」)が掘られた。確証は得られていないものの、穴には木柱が立っていたのではないかと考えられている。(ILLUSTRATION BY 4D NEWS)
第2段階(紀元前2640〜2480年)
現在有名なストーン・サークル(環状列石)が造られたのはこの頃だ。中心にはサーセン石からなる5つのトリリトンが馬蹄型に配置され、それをブルーストーンの環が囲んだ。さらに外側にはサーセン石の環が造られ、立石の上に横向きの石が渡されていた。(ILLUSTRATION BY 4D NEWS)
第3段階(紀元前2500〜1600年)
夏至の夜明けの太陽の方向を示すために「ヒール・ストーン」や「スローター・ストーン」と呼ばれる石が置かれた。穴の環が二つ加わり、エイボン川に至るアベニューも造られた。(ILLUSTRATION BY 4D NEWS)

 かの有名なストーンサークル(環状列石)の建造が始まったのは紀元前3000年頃、グレーター・カーサスの数百年後のことだ。最初に、環状に築かれた二重の土手と、その間に掘られた溝ができた。その中心に馬蹄型に並べられた「トリリトン」(2つの石柱の上に1つの横石を渡したもの)とその周囲の環状列石は、紀元前2500年頃に完成した。

 使われた巨大な石は「サーセン石」と呼ばれる砂岩の一種だ。1つが25トンほどにもなり、30キロ余り離れた場所から運ばれてきた。一方、これらとともに80個ほど並ぶ、より小さな板状の石は、「ブルーストーン」と呼ばれるドレライト(粗粒玄武岩)だ。こちらはサーセン石よりもはるかに遠い場所からやって来た。

石はどこから、どうやって運んだのか

 1つが4トンほどあるブルーストーンは、陸路で200キロ以上離れたウェールズ南西部のプレセリ山地から運ばれた。この仮説は1920年代に初めて提唱され、2000年代の地質学的調査によってカーン・ゴイドグおよびクライグ・ロース・イ・フェリンが採石場所だと特定された。

ウェールズ南部、プレセリ山地の露頭から突き出すブルーストーン。2000年代に行われた分析によって、ウェールズからストーンヘンジまで運ばれたという長年の説が裏付けられた。(ANDREW HENDERSON/NG IMAGE COLLECTION)

 石が実際にウェールズからソールズベリー平原までどのように運ばれたのかについては、まだ議論が続いている。氷河によって偶然運ばれたとする説も過去にはあったが、今では人力で運ばれたとの見解で大半の学者が一致している。運搬方法や、陸路か水路のどちらで運んだのかという点に関しては不明だ。船やいかだに載せて海岸沿いに運び、河川を伝ってエイボン川から引き上げたとする説もあれば、目撃した人々に印象付けるために、そりに載せて地面を引きずって運んだとする説もある。(参考記事:「ストーンヘンジの石柱、採石場を特定、研究発表」

 なぜブルーストーンが選ばれ、多大な労力を費やしてウェールズから運ばれたのかは定かではない。最近、ストーンヘンジで発見された遺骨の同位体分析を行ったところ、ブルーストーンの採石地の出身者であることがわかった。この場所まで石を運んできた労働者たちの遺骨ではないかという説もある。

[画像のクリックで拡大表示]

次ページ:石の環は死者を、木の環は生者を

おすすめ関連書籍

古代史マップ

世界を変えた帝国と文明の興亡

古代エジプト、共和制ローマ、漢などの世界を変えた強国から、カルタゴ、クレタ、オルメカなどの謎が残る文明まで、古代世界の勢力の変遷や時間の流れを視覚的に理解できる!

定価:本体1,400円+税

  • このエントリーをはてなブックマークに追加