カモノハシは紫外線で青緑に光る、目的は不明

紫外線を照射したカモノハシの標本。研究チームのジョナサン・マーティン氏は、紫外線は「すべてのものを紫の光で飽和させるため、肉眼でどう見えるかをカメラで再現するのは一苦労です。黄色のフィルターは紫を減らし、生物蛍光の“本物”の色に近づけてくれます」と説明する。(COMPOSITE COURTESY OF JONATHAN MARTIN/NORTHLAND COLLEGE; FROM ANICH ET AL. 2020)

【元の記事へ戻る】 【CLOSE】

ナショナル ジオグラフィック バックナンバー