バイデン政権で動物の保護はどうなる? 重要な6項目を解説

保護犬飼うバイデン氏、「F(不合格)よりも低い評価」のトランプ氏と対照的

2020.11.12
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この写真に写るハクガンなどの渡り鳥は、トランプ政権の下でほとんどの保護を失った。動物保護家は、バイデン政権が動物保護に向けて舵を切ってくれるだろうと期待する。(PHOTOGRAPH BY JOHN EASTCOTT AND YVA MOMATIUK, NAT GEO IMAGE COLLECTION)
この写真に写るハクガンなどの渡り鳥は、トランプ政権の下でほとんどの保護を失った。動物保護家は、バイデン政権が動物保護に向けて舵を切ってくれるだろうと期待する。(PHOTOGRAPH BY JOHN EASTCOTT AND YVA MOMATIUK, NAT GEO IMAGE COLLECTION)
[画像のクリックで拡大表示]

 米国の大統領選挙でジョー・バイデン氏の当選が確実となり、動物の保護活動家たちが期待を高めている。新政権の下、米国の動物たちが、野生であっても飼育されていても、さらには食用であっても、これまでより手厚い保護が受けられるようになると考えているためだ。

 バイデン氏は選挙運動中、動物を保護する政策について説明していなかった。そこでナショナル ジオグラフィックは、これに関してバイデン氏の報道官にコメントを求めたが、返事はまだない。

 だが多くの活動家は、バイデン氏が就任後ただちに、トランプ政権で大きく後退した動物保護政策を元に戻す作業に取り掛かるだろうと期待している。

「政権が交代するたびに、前政権が行ったことが一部取り消されます。そして、せっかく勝ち取ったと思っていたものをまた取り戻す闘いが始まるのです。でも、トランプ政権のやったことは規模が大きすぎました」と、非営利団体「動物福祉研究所」の政府問題担当者ナンシー・ブレイニー氏は語る。

 ブレイニー氏をはじめとする活動家は、トランプ政権下の4年間は規制緩和と不透明性の連続だったと表現する。政治家の環境問題に関する立場を正確に評価することで定評のある「自然保護のための有権者行動連盟」は、トランプ大統領の就任から1年後に、「F(不合格)よりも低い評価をつけられるとしたら、トランプ大統領にそれを与えます」と声明を出した。同連盟によれば、トランプ政権の評価がその後改善されることはなかった。

 一方、上院議員としての長い経歴を持ち、バラク・オバマ大統領時代には副大統領を務めたバイデン氏は、環境問題と動物の保護における実績が認められ、生涯評価で83%という高い生涯評価を同連盟から受けている。

 動物福祉に関する法案にほぼ一貫して賛成票を投じてきたことから、大統領選ではヒューメイン・ソサイエティー立法基金の支持を受けた。また、馬を殺処分から守る法案、闘犬や闘鶏など動物同士を戦わせるイベントを禁止する法案、趣味の狩猟に飼育動物を使うことを禁じる法案を共同で議会に提案したこともある。

 バイデン大統領誕生によって、ホワイトハウスに初めて保護犬がすむことにもなる。バイデン氏はジャーマン・シェパードを2匹飼っているが、そのうちの1匹であるメイジャーは、デラウェア州のヒューメイン・アソシエーションに保護され、2018年にバイデン氏に引き取られていた。

 バイデン氏が大統領に就任すると、動物保護政策はどのように変わるのだろうか。米国の現状と、新政権がこの問題に取り組むであろう方向性を解説してみた。

次ページ:絶滅危惧種、気候変動の影響

ここから先は「ナショナル ジオグラフィック日本版サイト」の
会員の方(登録は無料のみ、ご利用いただけます。

会員登録(無料)のメリット

  • 1ナショジオ日本版Webの
    無料会員向け記事が読める
  • 2美しい写真と記事を
    メールマガジンでお届け

おすすめ関連書籍

PHOTO ARK 消えゆく動物

絶滅から動物を守る撮影プロジェクト

今まさに、地球から消えた動物がいるかもしれない。「フォト・アーク」シリーズ第3弾写真集。 〔日本版25周年記念出版〕 〔全国学校図書館協議会選定図書〕

定価:3,960円(税込)

おすすめ関連書籍

グレート・リセット ダボス会議で語られるアフターコロナの世界

世界経済フォーラムのクラウス・シュワブ会長とオンラインメディア『マンスリー・バロメーター』の代表ティエリ・マルレが、コロナ後の世界を読み解く。

定価:2,200円(税込)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加