【動画】NASA探査機、小惑星ベンヌの岩石を採取

3億キロ離れた小惑星にタッチダウン、地表の破片が散らばった

2020.11.02
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
地球から3億キロ以上離れた小惑星ベンヌの探査を行っているNASAの探査機オシリス・レックスは、2020年10月20日にベンヌの表面に衝突し、サンプルを採取した。(VIDEO COURTESY NASA/GODDARD/UNIVERSITY OF ARIZONA)

 NASAの探査機オシリス・レックス(OSIRIS-REx)は、地球から3億km以上離れた場所で、小惑星ベンヌの岩石サンプルを採取し、回収カプセルに格納することに成功した。

 オシリス・レックスが小惑星ベンヌへのタッチダウンを成功させたのは10月20日。数日後には、採取した岩石サンプルの一部がサンプル採取装置「TAGSAM(Touch-And-Go Sample Acquisition Mechanism)」からこぼれ出していると発表された。サンプル採取装置のフラップ(蓋)が閉まらなくなるほど大きい石を吸い込んで、隙間からサンプルが漏れる状態になっていたのだ。

 担当チームは、サンプル採取装置にかかる負担を最小限にするために、予定していたいくつかの操作やテストを中止。さらに装置内のサンプルを保護するため、装置を回収カプセル内に格納する作業を前倒しで行い、10月28日に完了した。

ベンヌへのタッチダウンから2日後の10月22日、技術者たちは、オシリス・レックスのサンプル採取装置TAGSAMのヘッド部分から貴重な岩石や塵がこぼれ出ていることに気づいた。その原因は、ヘッド内に入った物質を閉じ込めるためのフラップに大きな石がはさまって閉じなくなってしまったことだった。(PHOTOGRAPH BY NASA/GODDARD/UNIVERSITY OF ARIZONA)
[画像のクリックで拡大表示]

 格納に成功したことで、太陽系が誕生した頃の岩石や塵などが2023年に地球に届けられることが確実になった。探査機が小惑星からのサンプル採取に成功したのは世界で3例目、NASAとしては初めてである。

 オシリス・レックスが採取した原始太陽系の砂や石は、太陽系の惑星や、もしかすると地球上の生命が誕生した経緯を明らかにする可能性がある。科学者たちは、生まれたばかりの太陽系の成分を調べることで、地球とその上にあるすべてのものを生み出した45億年のプロセスを解明したいと考えている。

 オシリス・レックスの主任研究員である米アリゾナ大学月惑星研究所のダンテ・ローレッタ氏は、作業を前倒しすることに伴うリスクを認めたうえで、サンプルを速やかに格納するのが最も堅実なやり方だったと強調した。

「サンプルを回収カプセルに入れて封をしてしまえば、何が入っているにせよ、すべて地球に戻ってきます」と、氏は10月27日に語った。

 小惑星ベンヌがオシリス・レックスに与えた試練は、石が詰まることだけではない。ベンヌの重力は非常に弱いうえに、岩に覆われた表面の足場は悪い。技術者たちは探査機を小惑星の表面に降ろすために、ミッションの途中でバックアップの自動航行ソフトに切り替えるなど、複雑な制御を強いられた。(参考記事:「NASA探査機、小惑星ベンヌへのタッチダウンに成功」

参考ギャラリー:NASA探査機、小惑星ベンヌへのタッチダウンへ 写真9点(画像クリックでギャラリーへ)
オシリス・レックスの「タッチ・アンド・ゴー・サンプル採取機構(TAGSAM)」は、“逆流する掃除機”のようにベンヌの表面に窒素ガスを噴射し、舞い上がった細かい粒子をヘッドを使って捕らえる。(ILLUSTRATION BY NASA/GODDARD SPACE FLIGHT CENTER)

次ページ:オシリス・レックス、ついにサンプルを採取

ここから先は「ナショナル ジオグラフィック日本版サイト」の
会員の方(登録は無料のみ、ご利用いただけます。

会員登録(無料)のメリット

  • 1ナショジオ日本版Webの
    無料会員向け記事が読める
  • 2美しい写真と記事を
    メールマガジンでお届け

おすすめ関連書籍

ビジュアル 銀河大図鑑

この上なく美しく、どの本よりも詳しく、誰にでもわかりやすい。大人も子供も楽しめる、本格的な宇宙図鑑! 〔日本版25周年記念出版〕

定価:本体6,300円+税

  • このエントリーをはてなブックマークに追加