サメ保護に朗報 漁のコントロールは各国で可能、最新研究

フカヒレの形が崩れないよう、石をぶら下げて乾燥させる。最新の研究によれば、市場で取引されているフカヒレの大部分は、公海ではなく各国の排他的経済水域(EEZ)で漁獲したサメから採取されたものだという。(PHOTOGRAPHS BY FEDERICO BORELLA)

【元の記事へ戻る】 【CLOSE】

ナショナル ジオグラフィック バックナンバー