動物たちのリーダー選び、暴力支配や民主主義も

年齢重視のゾウ、王族が率いるハイエナ、多数決による決定も

2020.10.26
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
アフリカ東部のウガンダに暮らすチンパンジーの群れ。最上位のオスの中には、力による厳しい支配で権力を維持する個体もいれば、より穏やかな方法をとる個体もいる。 PHOTOGRAPH BY RONAN DONOVAN, NAT GEO IMAGE COLLECTION
[画像のクリックで拡大表示]

 ミツバチからイルカ、ゾウに至るまで、野生動物の群れはたいてい1匹のリーダーによって率いられている。人間社会と同様に、彼らが権力の座につく道は様々だ。

 チンパンジーは、体の大きさや性格によって、暴力を行使することもあれば同盟を築くこともある。ブチハイエナは、性別や血統によってトップが決まる。いわば君主制のようなものだ。イトヨという魚は、単に外見の魅力で選ばれる。

 米国の大統領選をはじめ、人間社会のリーダー選びにおいては、高齢は弱みととらえられることがある。だが、高齢の個体を喜んで受け入れる動物もいると、米ミルズ大学の行動生態学者、ジェニファー・スミス氏は話す。

「哺乳類では、より多くの知識をもち、経験を積んできた個体に、他の個体が積極的に従うことがよくあります」。メスがリーダーである場合は、特にそうだと言う。(参考記事:「ライオン、群れの王はメス 映画と違う野生の掟」

おばあちゃんの知恵

 アフリカゾウにとってのリーダーは、群れのなかで最も年齢を重ねたメスだ。

 ケニアのアンボセリ国立公園で行われた研究によれば、60歳まで生きることもあるゾウの高齢のメスたちは、ライオンのうなり声を聞き分け、仲間を守ることに長けていた。また、高齢のメスは優れた記憶力で土地のことを把握していて、食べ物や水など必要不可欠な資源へと群れを導くことができる。「威信と成果に基づいたリーダーシップです」と、スミス氏は話す。

 高齢のメスが群れを率いるのは、シャチも同じだ。メスは最後に出産をしてから50年もの間、血縁関係で結ばれた群れを率いることがある。最近の研究では、閉経後のメスは狩りに最適な場所に群れを連れて行くことで、彼らの生存にとって不可欠な存在となっていることがわかった。シャチの群れで祖母が死亡すると、孫が死亡するリスクが上昇する。(参考記事:「シャチが閉経後に長生きするのは「孫のため」」

「食べ物が少ない時は特にそうです」と、スミス氏は話す。「彼らの社会では、環境についての“おばあちゃんの知恵”がとても重要なのです」

厳しい序列

 アフリカに生息するブチハイエナも、多い場合には130匹にもなる群れを、メスが率いる。全てのメスは生まれた時から序列が決まっている。学生時代にできた序列が永遠に続くようなものだ。(参考記事:「不気味でずるい?ハイエナの6つの誤解を解く」

「『女王』は母親の社会的順位に基づいてその地位を受け継ぎます。知識と権力が引き継がれていくわけです」と、スミス氏は話す。

次ページ:力づくの支配

ここから先は「ナショナル ジオグラフィック日本版サイト」の
会員の方(登録は無料のみ、ご利用いただけます。

会員登録(無料)のメリット

  • 1ナショジオ日本版Webの
    無料会員向け記事が読める
  • 2美しい写真と記事を
    メールマガジンでお届け

おすすめ関連書籍

犬の能力

素晴らしい才能を知り、正しくつきあう

人の心をつかんで離さない、犬の魅力はどこからくるのか? 最新の動物行動学に基づいた基礎知識がわかる。

定価:本体1,400円+税

  • このエントリーをはてなブックマークに追加