車が消えた英エディンバラの世界遺産 旅の新スタイル生まれるか

英国スコットランド、エディンバラ旧市街のコックバーンストリート。20年7月から車の通行が禁止され、パンデミック中、住民や旅行者、レストランの客がソーシャルディスタンスを維持しやすくなった。この措置は維持され、将来的には、ほかの通りも歩行者専用道路になる予定だ。(PHOTOGRAPH BY ARCH WHITE, ALAMY STOCK PHOTO)

【元の記事へ戻る】 【CLOSE】

ナショナル ジオグラフィック バックナンバー