車が消えた英エディンバラの世界遺産 旅の新スタイル生まれるか

ここ数年問題になっていた世界遺産のオーバーツーリズム問題、解消へ一歩

2020.11.08
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
英国スコットランド、エディンバラ旧市街のコックバーンストリート。20年7月から車の通行が禁止され、パンデミック中、住民や旅行者、レストランの客がソーシャルディスタンスを維持しやすくなった。この措置は維持され、将来的には、ほかの通りも歩行者専用道路になる予定だ。(PHOTOGRAPH BY ARCH WHITE, ALAMY STOCK PHOTO)
[画像のクリックで拡大表示]

 悲劇のスコットランド女王メアリー(いとこであるイングランド女王エリザベス1世に処刑されたことで知られる)が暮らしたホリールード宮殿。この宮殿の現在の風景には何かが欠けている。そう、かつては宮殿の前にずらりと並んでいたタクシーや観光バスが見当たらないのだ。(参考記事:「肖像画の下に女王メアリー、浮かび上がる歴史」

 ホリールード宮殿がある古都エディンバラは、スコットランドの首都でもある。同市議会は最近、旧市街で最も美しくにぎやかなビクトリアストリートとコックバーンストリートを歩行者専用道路にすることを決定した。目的は新型コロナウイルス感染症(COVID-19)対策だ。ソーシャルディスタンスを確保するために、道路をレストランの屋外席にするのだ。現在エディンバラでは、2022年までに路面電車、自転車専用道路、歩行者専用道路を数キロ規模で整備するという野心的な「市街地トランスフォーメーション」計画が実行されている。 (参考記事:「スコットランドとっておきの旅ガイド、写真10点」

 COVID-19のパンデミックが発生して以降、世界のいくつかの都市で、車道を歩行者に開放する動きがおきている。米国のニューヨークでは、大通りにレストランの座席が並べられ、「ストリータリー(青空食堂)」と化している。

 ユネスコ世界遺産を持つ都市(エディンバラでは、中世の旧市街と18世紀の新市街が指定されている)にとって、「スロートラフィック(速度の遅い移動手段)」を優先することは、人であふれかえるオーバーツーリズムによるダメージを緩和し、都市の歴史的な特性を維持する試みだ。もともと観光客は、街の歴史的な特性に引かれてやって来るのだ。 (参考記事:「オーバーツーリズムに苦しむバリ島のプラごみ対策」

 ただ、世界遺産を守りながら、地元住民と旅行者の双方に持続的に利益をもたらすことは可能なのだろうか? エディンバラで今起きていることは、何が機能し、何が機能しないか、歴史ある街が、今後どうなっていくかのテストケースと言ってよいだろう。

参考ギャラリー:2019年に登録された最新世界遺産、全29カ所(画像クリックでギャラリーへ)
バガン、ミャンマー:土ぼこりが舞う平野の一面に、仏教寺院や仏塔が林立している。ガイドツアーで壁画を見学したり、日の出とともに熱気球に乗り込み、様式の異なるさまざまな寺院を空から眺めたりするのがおすすめだ。(PHOTOGRAPH BY ROBERT HARDING PICTURE LIBRARY, NAT GEO IMAGE COLLECTION)

次ページ:観光客であふれかえる世界遺産

ここから先は「ナショナル ジオグラフィック日本版サイト」の
会員の方(登録は無料のみ、ご利用いただけます。

会員登録(無料)のメリット

  • 1ナショジオ日本版Webの
    無料会員向け記事が読める
  • 2美しい写真と記事を
    メールマガジンでお届け

おすすめ関連書籍

グレート・リセット

ダボス会議で語られるアフターコロナの世界

世界経済フォーラムのクラウス・シュワブ会長とオンラインメディア『マンスリー・バロメーター』の代表ティエリ・マルレが、コロナ後の世界を読み解く。

定価:本体2,000円+税

  • このエントリーをはてなブックマークに追加