嵐が嵐を強化する、連鎖的な影響が判明、研究

カテゴリー5の「マイケル」はその前の嵐のせいで勢力を強めていた

2020.10.15
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年10月上旬、すでにハリケーンによる被害を受けていたメキシコ湾岸に向かって進行するハリケーン「デルタ」。デルタは10月9日に上陸した。(PHOTOGRAPH BY GO NAKAMURA, GETTY IMAGES)
[画像のクリックで拡大表示]

 今年の米国のハリケーンシーズンは記録的な厳しさとなっている。先日は、名前の付いた暴風雨としては25個目となる「デルタ」が、すでにハリケーン被害に苦しめられていたメキシコ湾沿岸地域に襲いかかった。しかもハリケーンシーズンは、まだ数週間残されている。

 ハリケーン「デルタ」は、メキシコ湾の温かい海水によって大いに勢力を増した。こうした例は、地球温暖化が進行するにつれて、より頻繁に見られるようになっている。

 先月、学術誌「ネイチャー・コミュニケーションズ」に発表された新たな研究は、浅く温かい湾岸水域への暴風雨の影響が、高い気温と相まって、その次にやってくる嵐をはるかに強力なものへと増幅させる仕組みについて説明している。

 デルタはどうやら、そうした嵐の例には当てはまらなかったようだ。しかし、今シーズンの主要なハリケーンであるサリーとローラの勢力が増した背景には、前述のような条件が作用した可能性があると、同研究の筆頭著者である、米サウスアラバマ大学の海洋学者ブライアン・ドウォンコウスキー氏は述べている。

 2018年の夏の終わり、ゴードンと名付けられた小型の熱帯低気圧がメキシコ湾北部を横断した。ゴードンはごく標準的な暴風雨で、大半の熱帯低気圧と同じように、数百万ドル分の損害を出し、沿岸住民にたっぷりとストレスを与えた。

 しかし、この嵐によって引き起こされた一連の出来事は、数週間後、ゴードンよりもはるかに大型で壊滅的なハリケーン「マイケル」に多大な影響を及ぼした可能性がある。

 マイケルは沿岸に近づくにつれて急速に勢力を強めた。フロリダに上陸するころには、カテゴリー5の猛烈なハリケーンに成長し、16人の死者と数十億ドル分の損害をもたらした。

 ゴードンとマイケルの間に、明らかな関連性は見られなかった。時間的にも空間的にも、これら2つの暴風雨は互いに大きく離れていた。しかし新たな研究は、ゴードン自体と、ゴードンの通過後に発生した熱波の影響によって、マイケルが勢力を大いに強め、フロリダ西部に上陸した史上最強の暴風雨へと発達したことを示している。

次ページ:先に来た嵐が海を温めていた

ここから先は「ナショナル ジオグラフィック日本版サイト」の
会員の方(登録は無料のみ、ご利用いただけます。

会員登録(無料)のメリット

  • 1ナショジオ日本版Webの
    無料会員向け記事が読める
  • 2美しい写真と記事を
    メールマガジンでお届け

おすすめ関連書籍

世界のどこでも生き残る 異常気象サバイバル術

台風、土砂崩れ、豪雨、洪水、渇水、酷暑、寒波、大雪…突然の気象災害から身を守る!一家に一冊備えておきたい、必携のサバイバルガイド!

定価:本体2,500円+税

  • このエントリーをはてなブックマークに追加