新型コロナウイルス感染症の症状が妊産婦で長引く可能性をめぐり、かつてない規模の調査と分析が行われている。(PHOTOGRAPH BY CALLAGHAN O'HARE, REUTERS)
[画像をタップでギャラリー表示]

 新型コロナウイルスの感染者が増え始めた今年の春、バネッサ・ジャコビー医師が真っ先に心配したのは、妊娠中の人たちのことだった。

 妊婦が感染症にかかると、一般の人々よりも重症化しやすい。米カリフォルニア大学サンフランシスコ校の産婦人科医であるジャコビー氏は、この事実を熟知していた。2009年にH1N1型インフルエンザのパンデミック(世界的大流行)が起きた際には、人口の1%しかいない妊婦が死者の5%を占める結果となった。

 だが今回の新型コロナのパンデミックが始まった頃は、ウイルスに関する情報が乏しかっただけでなく、妊婦というリスクの高いグループのことが見過ごされがちだった。

「当初、患者さんたちの質問にどう答えていいかわからないことが何度もありました」とジャコビー氏は振り返る。「私たちは、早急に答えが必要だと実感していました」

 そこでジャコビー氏と同僚たちは知識の空白を埋めようと、妊娠中または最近まで妊娠していた人たち(妊産婦)を対象に大規模な調査を行った。そのうち、新型コロナの症状があり、かつ検査で陽性と判定された594人の分析結果が、10月7日付けで学術誌「Obstetrics & Gynecology」に発表された。

 論文によると、半数は発症後3週間も症状が続き、25%は2カ月も症状が残っていた。通常なら、軽症の場合は2週間で症状が消えることが多いのに比べると、症状が長引いたと言える。なお、調査対象者の大半は外来患者だった。

 また、症状の現れ方も、妊産婦ではない患者とは異なっていた。例えば、発熱は新型コロナ感染症の典型的な症状だが、発熱はまれだった。発症初期に発熱があったのはわずか12%で、発症1週間後にも発熱症状があったのは5%だけだった。一方で、咳、嗅覚障害、倦怠感、息切れといった他の症状が最長2カ月間続いた人は、少ないが無視できない割合で含まれていた。

 このように妊産婦の新型コロナの経過に関する情報が集まれば、患者や医療関係者は、いつ助けを求めるべきか、発症したら次に何が起こると予測すべきかについて理解が深まる。また、多くの研究者を悩ませている「長期患者」の増加、つまり数カ月以上も新型コロナの症状が続くケースが増えていることについて、別の側面から考察する助けになる。

 ジャコビー氏は、他の3人の研究者とともに率いた今回の研究について、これはまだ初期段階の結果だとし、今後数カ月かけて参加者をより詳しく分析したいと考えている。

「このデータベースからは、さらに多くのことがわかるでしょう」と、米ミネソタ大学の母体胎児医学部門の助教授であるサラ・クロス氏は言う。氏はこの調査には参加していないが、「この調査にはわくわくしながら注目しています」と話している。

次ページ:全速力でスタートした調査

ここから先は「ナショナル ジオグラフィック日本版サイト」の会員の方(登録は無料のみ、ご利用いただけます。

会員登録(無料)のメリット

  • 1ナショジオ日本版Webの
    無料会員向け記事が読める
  • 2美しい写真と記事を
    メールマガジンでお届け

おすすめ関連書籍

2020年8月号

パンデミックと人類/インドの聖なる川/広島 75年目の記憶/チンパンジーの脅威/女性参政権への道

8月号の特集「パンデミックと人類」では、繰り返されるパンデミックの歴史から、私たちは何を教訓とすべきか考えます。シリーズ『人類の旅路を歩く』では「インドの聖なる川」をテーマにお届け。このほか、原爆投下75年を迎える「広島 75年目の記憶」など5本の特集を掲載。

定価:本体1,100円+税

おすすめ関連書籍

ビジュアル パンデミック・マップ

伝染病の起源・拡大・根絶の歴史

ささいなきっかけで、ある日、爆発的に広がる。伝染病はどのように世界に広がり、いかに人類を蹂躙したのか。地図と図版とともにやさしく解き明かす。

定価:本体2,600円+税