海のプラ汚染、現状の対策でも悪化の一途、研究

手遅れではないものの今後数十年が重要な分岐点に、必要な対策とは? 

2020.10.09
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
中国のプラスチック製造工場。海へ流出するプラスチックごみは記録的な量に達し、バージンプラスチックの製造も急速に増加している。(PHOTOGRAPH BY WANG JIANWEI, XINHUA/EYEVINE/REDUX)
[画像のクリックで拡大表示]

 プラスチックごみの削減へ向けた取り組みは世界中で急速に進んでいるが、いまだに海へ流出する使用済みプラスチックの増加に歯止めをかけるまでには至っていない。

 今後10年間に世界中で、河川へ、そして最終的には海へ流れ込むプラスチックの量は年間2200万トンから、場合によっては5300万トンに達するとみられている。だが、それはあくまで政府と業界が打ち出している野心的な対策を実行できたらの話だ。(参考記事:「年間のプラスチックごみ流出、2040年に倍増」

 もしそれらが実行されず、今のままの状態が続けば、その量は2倍に膨れ上がり、2030年までに年間9900万トンのプラスチックが自然界に排出される恐れがある。

 そう警告するのは、9月18日付けで学術誌「Science」に発表された国際的な科学者チームによる研究報告だ。この数字は、5年前に初めて発表された同様の研究報告以来、劇的に増加している。当時は、年平均880万トンが海へ流出していると推計され、世界に衝撃を与えた。(参考記事:「特集ギャラリー:海に流れ出るプラスチック(2018年6月号)」

 5年前の数字をはじき出した米ジョージア大学の工学教授ジェナ・ジャムベック氏はそのとき、理解しやすいように例えを用いて、ダンプカー1台分のプラスチックごみを毎分、それを毎日続けて1年間、海へ投棄する量に相当すると説明した。氏は最新の報告書を書いたチームの一員でもあるが、今回の2200万~5300万トンをわかりやすく例えるのには苦労したという。

「もはや想像を絶する世界に入ってきています。フットボール場を毎日プラスチックでいっぱいにする、または米国ロードアイランド州全体、あるいはルクセンブルクの国土全体が足首までプラスチックで覆われる量、とでもいいましょうか」

 どちらの例えも正確ではあるものの、それがどれほど重大な意味を持つのかを理解するのは難しい。

次ページ:2つの研究結果が一致した点は

ここから先は「ナショナル ジオグラフィック日本版サイト」の
会員の方(登録は無料のみ、ご利用いただけます。

会員登録(無料)のメリット

  • 1ナショジオ日本版Webの
    無料会員向け記事が読める
  • 2美しい写真と記事を
    メールマガジンでお届け

おすすめ関連書籍

2018年6月号

海に流れ出るプラスチック/プラスチック4つの視点/タンチョウ/消えた入植者たちの影/サッカーボールを追って/極北の野生に迫る危機

地球か、それともプラスチックか? ナショジオはプラスチック問題に取り組むことを宣言します。鳥シリーズ「タンチョウ」ほか魅力的な特集を満載。特製ポスター付き!ワールドカップ目前「スタジアムの過去・現在・未来」

価格:本体1,083円+税

  • このエントリーをはてなブックマークに追加