普通の生活に戻る鍵、「集団免疫」はどうすれば確立できるのか

どれほどの人が免疫を獲得すれば、コロナは終息に向かうのか

2020.10.10
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
集団免疫の歴史からは、新型コロナウイルスに打ち勝つためには有効なワクチンが必要である理由が見えてくる。上は1796年5月14日、8歳の少年ジェームズ・フィップスに初めて天然痘の予防接種を行うエドワード・ジェンナー(1749〜1823年)。油絵。(PAINTING BY ERNES BOARD, DEA PICTURE LIBRARY, GETTY IMAGES)
[画像のクリックで拡大表示]

 エドワード・ジェンナーやルイ・パスツールら、疫病と闘った初期の研究者たちは、十分な数の人々がワクチンを接種すれば感染症を根絶できるのではないかと、うすうす感じていた。

 20世紀初頭、この考え方に着目した獣医師たちが「集団免疫(herd immunity、群れの免疫の意)」という言葉を作った。1920年代にはマウスを使った研究を通して集団免疫の考え方は注目を集め、人口のごく一部が免疫を獲得すれば、感染症の流行を防げるという楽観的な見方が広まった。

 しかし、そうした研究の先駆者たちにも、現実に集団免疫を確立する方法についてはわからずじまいだった。この難問は、天然痘、ポリオ、はしかなど、現代のさまざまな疫病との闘いにおいて、繰り返し問い直されてきた。そして世界各地で新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の流行が続く現在、集団免疫の確立は再び議論の的となっている。

「ニューヨークは克服」の幻想

 自然な感染が進めば集団免疫が確立され、社会秩序を回復できるのではないかと考える人は、医療関係者の中にもいる。その証拠として彼らが挙げるのが、新型コロナウイルスの大きな被害を受けた米国ニューヨーク市だ。同地域では住民の約20%が感染した後、感染者数は数カ月間にわたって低水準で推移している。これは自然感染による集団免疫のおかげに違いないと、彼らは主張する。

 しかしながら、過去の経験や現在明らかになりつつある新たな証拠に照らしてみれば、ニューヨークで集団免疫が獲得されたという主張は幻想に過ぎないことがわかる。

「もしニューヨークで集団免疫が確立しているのなら、感染者数は安定するのではなく、減少を続けるはずです」。米エール大学公衆衛生学部の疫学者で、病気の広がり方の数学的なモデル化を専門とするバージニア・ピッツァー氏はそう述べている。

 現実には、米国を含め世界の大半の地域は、いまだ感染者が続出しかねない状態が続いている。自然感染に頼って流行を抑えようとすれば、数カ月、数年にわたり感染数が減少しては急増を繰り返すというサイクルに陥ることになる。

 これまでに根絶された感染症といえば、天然痘と、牛が媒介する家畜の感染症である牛疫の2つだけだ。狂犬病、ハンセン病、腺ペストなど、その他の既知の疫病はすべて、人間の介入によって管理されているか、まだ管理にも至らない状態にある。

「自然に免疫が構築されることでCOVID-19が完全に排除される可能性は、極めて低いでしょう」と、ピッツァー氏は言う。ただし、自然感染による免疫に加えて効果的なワクチンがあれば、理論的にはウイルスを排除するか、少なくともコントロールできる可能性はある。

 10月2日に全米医学アカデミーが発表した全237ページの報告書では、そうしたワクチンを公平に分配する方法と、そのプロセスがいかに難しいものとなるかが説明されている。感染を止めるうえでまず重要なのは、ワクチンを接種した人のうち発症を防げる割合、つまり「有効率」だ。

次ページ:集団免疫とは何か

ここから先は「ナショナル ジオグラフィック日本版サイト」の
会員の方(登録は無料のみ、ご利用いただけます。

会員登録(無料)のメリット

  • 1ナショジオ日本版Webの
    無料会員向け記事が読める
  • 2美しい写真と記事を
    メールマガジンでお届け

おすすめ関連書籍

2020年8月号

パンデミックと人類/インドの聖なる川/広島 75年目の記憶/チンパンジーの脅威/女性参政権への道

8月号の特集「パンデミックと人類」では、繰り返されるパンデミックの歴史から、私たちは何を教訓とすべきか考えます。シリーズ『人類の旅路を歩く』では「インドの聖なる川」をテーマにお届け。このほか、原爆投下75年を迎える「広島 75年目の記憶」など5本の特集を掲載。

定価:本体1,100円+税

おすすめ関連書籍

グレート・リセット

ダボス会議で語られるアフターコロナの世界

【電子版 9月15日先行発売!】 世界経済フォーラムのクラウス・シュワブ会長とオンラインメディア『マンスリー・バロメーター』の代表ティエリ・マルレが、コロナ後の世界を読み解く。

定価:本体2,000円+税

  • このエントリーをはてなブックマークに追加