絶滅危惧種タスマニアデビルが豪本土に復帰、3000年ぶり

半年で26匹が保護区の環境に適応、“野ネコよけ”など生態系への好影響に期待

2020.10.07
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
獰猛な性格で知られるタスマニアデビル。ここ数十年、伝染性の顔の悪性腫瘍に苦しめられている。(PHOTOGRAPH COURTESY OF AUSSIE ARK)
[画像のクリックで拡大表示]

 タスマニアデビル(Sarcophilus harrisii)の不気味な鳴き声がオーストラリア本土の森に最後に響いたのは、今からおよそ3000年前のことだ。しかし、粘り強く続けられている活動のおかげで、今年26匹のタスマニアデビルがオーストラリア本土に復帰している。(参考記事:「動物大図鑑 タスマニアデビル」

 タスマニアデビルは、絶滅の危機にさらされている有袋類だ。小型犬ほどの大きさで、獰猛な性格と強力なあごはよく知られている。あごの力は、大きな動物の死骸もあっという間にばらばらにしてしまうほど。だが、1990年代に伝染性の顔面腫瘍性疾患(DFTD)が広まったことで、タスマニア島での野生の生息数はわずか2万5000匹まで落ちこんだ。(参考記事:「絶滅危機のタスマニアデビル、「死の病」克服の兆し」

 オーストラリア本土で姿を消した理由はわかっていないものの、人間が関連している可能性が高そうだ。狩猟を始めたばかりの人間が大型の動物を狩り、タスマニアデビルが食べるものがなくなったからではないかと考えられている。

 死体などの腐肉も食べるタスマニアデビルは、バランスのとれた健全な生態系を維持するうえで重要な役割を果たす。オーストラリア本土に再導入しようという試みが懸命に行われているのはそのためだ。

[画像のクリックで拡大表示]

「10年以上にわたる活動で、ようやくここまでたどり着きました」と、種を回復する活動を行っている団体「Aussie Ark」の代表を務めるティム・フォークナー氏は話す。この団体は、「Global Wildlife Conservation」や「WildArk」といった非営利組織とも密接に連携し、飼育した動物をオーストラリア本土のバーリントン野生生物保護区と呼ばれる場所に放す活動を行っている。この保護区は、フェンスで囲われた約4平方キロメートルの土地で、オーストラリア東部にあるバーリントン・トップス国立公園のすぐ北に位置する。

「怖い動物だと言われていますが、人間や農作物にとって脅威になることはありません」と、フォークナー氏は付け加える。

次ページ:期待される大きな役割

ここから先は「ナショナル ジオグラフィック日本版サイト」の
会員の方(登録は無料のみ、ご利用いただけます。

会員登録(無料)のメリット

  • 1ナショジオ日本版Webの
    無料会員向け記事が読める
  • 2美しい写真と記事を
    メールマガジンでお届け

おすすめ関連書籍

PHOTO ARK 消えゆく動物

絶滅から動物を守る撮影プロジェクト

今まさに、地球から消えた動物がいるかもしれない。「フォト・アーク」シリーズ第3弾写真集。 〔日本版25周年記念出版〕

定価:本体3,600円+税

  • このエントリーをはてなブックマークに追加