解説:トランプ米大統領に投与、モノクローナル抗体とは

未承認の「抗体医薬品」を異例の投与、その効果や安全性は

2020.10.06
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
製薬企業は現在、免疫系が新型コロナウイルスに素早く対応できるようにする「モノクローナル抗体」を開発している。トランプ米大統領は臨床試験が完了していないこの抗体を用いた治療を受けた。(ILLUSTRATION BY KTSDESIGN, SCIENCE SOURCE)
[画像のクリックで拡大表示]

 トランプ米大統領の新型コロナウイルス感染は、ホワイトハウスのトップに起こった健康危機としてはここ数十年で最大だった。これまで米国では何百万人もの感染者が確認されており、トランプ氏自身もその1人に加わったことになる。

 トランプ氏は10月2日に首都ワシントン郊外のウォルター・リード軍医療センターに入院。同日の入院前にはホワイトハウスで酸素吸入を受けていたと報じられた。その後、症状が改善し、米東部時間10月5日午後6時40分頃(日本時間6日午前7時40分頃)に退院した。ただし主治医による経過観察と治療はしばらく継続されるという。

 トランプ氏の主治医らは様々な薬剤を用いて治療に当たった。その1つが「モノクローナル抗体(中和抗体)カクテル」と呼ばれる臨床試験段階の未承認薬だ。この薬については、安全性や効果がまだ十分に立証されていないため、使用には不安の声も上がっていた。

「私たちは、国家の危機と人1人の生命の危機が交わるところをリアルタイムで目撃しています」。トランプ氏が入院していた当時、米ボストン市ブリガム・アンド・ウィメンズ病院のジェレミー・ファウスト医師はそう話していた。

2020年10月3日、トランプ米大統領の容体について報告する主治医のショーン・コンリー氏(右)。米メリーランド州ベセスダのウォルター・リード軍医療センターにて。(PHOTOGRAPH BY BRENDAN SMIALOWSKI, AFP VIA GETTY IMAGES)
[画像のクリックで拡大表示]

 モノクローナル抗体は、新型コロナウイルスに対する素早い反応を免疫系に促すと期待されている。考え方としては新型コロナ回復者の血漿(けっしょう)を用いる治療法と似ているが、モノクローナル抗体は単なる血液からの抽出物ではなく、バイオエンジニアリング技術によって精密に作られる点が異なる。しかしトランプ氏に投与された米バイオテクノロジー企業リジェネロンの「REGN-COV2」は、まだ臨床試験のデータが出そろっていない。(参考記事:「回復者の血液使うコロナ治療法、米で緊急承認、実態は」

 リジェネロン社がナショナル ジオグラフィックに述べたところによると、人道的見地からの特例措置としてREGN-COV2の投与を受けた人はトランプ氏だけではない。同社の広報担当者アレクサンドラ・ボウイ氏によれば、これまでに「まれで特例的な状況」にあった10人未満がこの治療薬を投与された。

 医療上のプライバシーのため、同じく新型コロナ陽性と判定されたメラニア・トランプ大統領夫人や政府高官らがREGN-COV2を投与されたかどうかは明かせないとし、「今後も個別の要求についてはその都度判断してまいります」とボウイ氏は答えた。

次ページ:モロクローナル抗体とは?

ここから先は「ナショナル ジオグラフィック日本版サイト」の
会員の方(登録は無料のみ、ご利用いただけます。

会員登録(無料)のメリット

  • 1ナショジオ日本版Webの
    無料会員向け記事が読める
  • 2美しい写真と記事を
    メールマガジンでお届け

おすすめ関連書籍

2020年8月号

パンデミックと人類/インドの聖なる川/広島 75年目の記憶/チンパンジーの脅威/女性参政権への道

8月号の特集「パンデミックと人類」では、繰り返されるパンデミックの歴史から、私たちは何を教訓とすべきか考えます。シリーズ『人類の旅路を歩く』では「インドの聖なる川」をテーマにお届け。このほか、原爆投下75年を迎える「広島 75年目の記憶」など5本の特集を掲載。

定価:本体1,100円+税

おすすめ関連書籍

ビジュアル パンデミック・マップ

伝染病の起源・拡大・根絶の歴史

ささいなきっかけで、ある日、爆発的に広がる。伝染病はどのように世界に広がり、いかに人類を蹂躙したのか。地図と図版とともにやさしく解き明かす。

定価:本体2,600円+税

  • このエントリーをはてなブックマークに追加