有名な「始祖鳥の羽根」はやっぱり本物、論文発表

古生物学を象徴する1枚の羽根化石を巡る論争、2019年の反論に再度反論

2020.10.05
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
1861年にドイツの採石場で世界で初めて発見された羽根の化石。1億5000万年前のものだが、保存状態は非常に良い。丹念な分析の結果、この羽根はやはり始祖鳥のものであるとする論文が発表された。(MUSEUM FÜR NATURKUNDE BERLIN)

 古生物学を象徴するその有名な羽根の化石は、1861年にドイツの石灰岩の採石場で発見された。ジュラ紀の岩石の中から見つかったその羽根は、現代の鳥に非常によく似ており、人々に衝撃を与えた。

 1億5000万年前のこの羽毛は、近くの岩石の中から発見された始祖鳥(Archaeopteryx lithographica)のものとされた最初の化石である。カラスほどの大きさの始祖鳥の化石には鳥類と恐竜の特徴が混ざっていて、ダーウィンの進化論を裏付ける証拠の一つとなった。

 この化石はしかし、最も有名な羽根化石であると同時に、最も論争の多い羽根化石でもある。2019年には、この羽根は始祖鳥のものではないと示唆する論文さえ発表された。

 問題になっているのは、始祖鳥に羽毛があったかどうかではない。既知の13体の始祖鳥の骨格化石の多くに羽毛の痕跡が残っているので、この点について異論の余地はない。問題は、鳥の進化史を語る初期の証拠となっている象徴的な羽根が、本当に始祖鳥のものなのかという点である。

 今回、ナショナル ジオグラフィック協会のエクスプローラーであるライアン・カーニー氏の研究チームは、これまでで最も徹底的な分析により、この羽毛は始祖鳥のものであると断定した。

 米南フロリダ大学の古生物学者でデジタル科学者でもあるカーニー氏は、「誤りのある2019年の研究は、文献のみならず大衆文化を通じて広く知られるようになりました」と言う。「間違いを正すことは、私にとって大きな意味があります」

ギャラリー:有名な「始祖鳥の羽根」化石はやっぱり本物 画像6点(画像クリックでギャラリーページへ)
3Dで再現した始祖鳥。問題のジュラ紀の羽根は左の翼に生えていた。(RYAN CARNEY)

論争の多い羽根

 今回の論文は、羽根化石に関する論文の発表日からちょうど159年となる9月30日付けで学術誌「Scientific Reports」に発表された。動作から外見まで、始祖鳥に関するすべてを解明しようとするカーニー氏の最新の研究成果だ。

 カーニー氏は子供の頃から始祖鳥の虜だった。大学では始祖鳥の復元に役立てるために3Dモデリングを学び、卒業制作である自分のロックバンドのミュージックビデオにもこの羽根を登場させた。羽根化石の論文の発表から150周年を迎えたときには、記念として自分の腕に羽根化石のタトゥーを入れた。

次ページ:1枚の羽根を巡る過去10年の論争

ここから先は「ナショナル ジオグラフィック日本版サイト」の
会員の方(登録は無料のみ、ご利用いただけます。

会員登録(無料)のメリット

  • 1ナショジオ日本版Webの
    無料会員向け記事が読める
  • 2美しい写真と記事を
    メールマガジンでお届け

おすすめ関連書籍

2020年10月号

アップデートされる恐竜/売られた少女たち/アマゾンのオウギワシ/米国の国立トレイル

研究技術の飛躍的な進展で、大きく塗り替えられようとしている恐竜像。特集「アップデートされる恐竜」で恐竜研究の最前線に迫ります。このほか、性的搾取を目的にした人身売買の闇を追った「売られた少女たち」など4本の特集を掲載。

定価:本体1,100円+税

おすすめ関連書籍

羽毛恐竜と巨大昆虫

7つの謎で解き明かす太古の世界

最新研究にもとづき、昆虫、恐竜、哺乳類が生きた時代を、生息環境を含め迫力ある精細なCGで見せる。7つのテーマで、古生代後半から中生代の古生物に迫る。

定価:本体2,800円+税

  • このエントリーをはてなブックマークに追加