エベレストの本当の高さは? ネパールと中国が最新の計測

8848メートルは1954年の計測、ナショジオは8850メートルを採用

2020.10.02
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新標高の発表は中国と共同で

 ネパールの測量局によると、既に計算は終了し、新たな標高が決定されたが、発表は中国の測量結果を待って行われるという。エベレストはネパールと中国にまたがるため、新しく公式標高を決定するにも、外交的な配慮を無視することはできない。

 ガウタム氏らが測量作業を終えてから4カ月後の2019年10月12日、中国の習近平国家主席がネパールを公式訪問した。この際に、両国はエベレストの標高の再計測で協力し、合同で結果を発表するとの合意を交わした。

 2020年春、新型コロナウイルス感染症の世界的流行により、エベレスト登山はほぼすべてキャンセルされたが、唯一中国の測量チームが頂上に到達し、独自の計測を行った。また、精密重力測定器を乗せた中国機がエベレスト上空を飛行した。(参考記事:「今季のエベレスト登山は停止、新型コロナ対策で」

 5月下旬に測量作業を終えた中国は、結果を2~3カ月で発表できると示唆していたが、今のところまだ新たな情報は出ていない。

 同年9月、中国科学院の楊元喜(ヤン・ユアンシ)氏は、中国によるエベレスト測量の重要性を強調して、「エベレストの正確な計測は、国家の技術発展を世界に示すこと」であると語った。

1999年、ナショナル ジオグラフィック協会とボストン科学博物館の支援を受けた探検隊は、新たな標高を8850メートルと計算した。(PHOTOGRAPH BY TRIMBLE)
1999年、ナショナル ジオグラフィック協会とボストン科学博物館の支援を受けた探検隊は、新たな標高を8850メートルと計算した。(PHOTOGRAPH BY TRIMBLE)
[画像のクリックで拡大表示]

 エベレストの歴史に詳しい歴史家のエド・ダグラス氏によると、ネパールと同様、中国も昔からエベレストを国民意識の象徴と位置付けてきた。1960年、毛沢東の命による大規模なエベレスト登頂計画が実行され、初めてチベット側からの登頂に成功した。2008年の北京オリンピックの際は、聖火を持って登頂する公式登山隊の安全を確保するため、チベット側からの登山が制限された。

 アジア最貧国のひとつであるネパールは、金持ちで絶大な影響力を持つ隣国の機嫌を損ねたくないという思いがある。2019会計年度、ネパールへの海外直接投資の約90%は、中国が占めていた。また、習主席はネパールへ訪問した際に5億ドルの経済援助を約束した。その他にも、中国はネパールの空港、鉄道、水力発電所などのインフラ事業に巨額の投資を行っている。

2020年5月27日、エベレスト山頂に測量標識を設置する中国の測量員。(PHOTOGRAPH BY XINHUA, ALAMY)
2020年5月27日、エベレスト山頂に測量標識を設置する中国の測量員。(PHOTOGRAPH BY XINHUA, ALAMY)
[画像のクリックで拡大表示]

 新たなエベレストの標高が発表されるのはいつになるかわからないが、ガウタム氏はエベレストのベースキャンプでお茶を飲みながら、ネパールは目的を果たしたと語った。

「私たちは、自分たちの持てる資源と技術的人材を使って何かを成し遂げられるのだということを伝えたいです。エベレストは、ネパールにとっても何らかの象徴ではありますが、これはネパールの資産ではなく、世界の資産です」(参考記事:「エベレスト 幻の初登頂」

会員向け記事を春の登録キャンペーンで開放中です。
会員登録(無料で、最新記事などメールでお届けします。

会員登録(無料)のメリット

  • 1ナショジオ日本版Webの
    無料会員向け記事が読める
  • 2美しい写真と記事を
    メールマガジンでお届け

文=FREDDIE WILKINSON/訳=ルーバー荒井ハンナ

おすすめ関連書籍

2020年7月号

エベレスト 幻の初登頂/大河に迫る水の危機/氷の仏塔と気候変動/峡谷の村のユキヒョウ/世界一高い気象観測所

7月号は「世界の屋根ヒマラヤ」を総力特集。100年前にエベレストで消えた登山家の謎を追う「エベレスト 幻の初登頂」のほか、伝説的なネコ科動物「ユキヒョウ」、何億もの人々を育むヒマラヤの水源に焦点を当てた「大河に迫る水の危機」「氷の仏塔と気候変動」など5本の特集を掲載。

定価:1,210円(税込)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加