アマゾンの孤立部族の矢で保護団体職員が死亡

2001年、ジャバリ谷の先住民テリトリーにいる孤立部族を記録するため、ブラジル国立先住民保護財団(FUNAI)の調査隊に参加したヒエリ・フランシスカト氏。左は当時のFUNAIの孤立先住民局の局長で、調査隊長を務めたシドニー・ポスエロ氏。 (PHOTOGRAPH COURTESY OF SYDNEY POSSUELO)

【元の記事へ戻る】