11.5万年前の人類の足跡を発見、アラビア半島最古

サウジアラビアのアラタールという古代の湖による堆積物の跡から、数百個の足跡化石が見つかり、その中からホモ・サピエンスのものと思われる足跡化石が7つ特定された。(PHOTOGRAPH BY KLINT JANULIS)

【元の記事へ戻る】 【CLOSE】

ナショナル ジオグラフィック バックナンバー