「貧困への逆戻りが起きる」ビル・ゲイツ氏に聞くコロナ下の世界

ゲイツ財団がレポート、ナショナル ジオグラフィック編集長が聞いた

2020.09.19
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【動画】ビル・ゲイツ氏の財団が発表した年次報告書「ゴールキーパーズ・レポート」第4刊について、ナショナル ジオグラフィック英語版編集長のスーザン・ゴールドバーグがビル・ゲイツ氏に話を聞いた。(インタビューは英語です)(NG MEDIA)

 ビル&メリンダ・ゲイツ財団は2020年の年次報告書「ゴールキーパーズ・レポート」を公開し、新型コロナウイルス感染症の世界的流行(パンデミック)があらゆる指標において人類の健康と福祉に悪影響を与えていると分析した。(参考記事:「ゴールキーパーズ・レポート:ワクチンの公平な配布、富裕国買い占めに比べて死者半減」

 このレポートは、極度の貧困、飢餓、ジェンダーの不平等を根絶するために国連が設定した持続可能な開発目標(SDGs)の達成状況を評価するもので、4刊目となる今回は、新型コロナの影響で、その目標のほぼ全てにおいて長年の進歩が後退したと指摘。パンデミックの終息には世界的な協力が必要であると訴えた。

 ビル・ゲイツ氏はナショナル ジオグラフィック英語版編集長スーザン・ゴールドバーグとのインタビューに応じ、各国が協力することでいかに今の流れを変えることが可能か、全世界に平等にワクチンを配布すればより多くの命が救われるとはどういうことかについて語った。以下にインタビューの要約を紹介する。

コロナの間接的な影響が死者を増やす

――ビルさん、この度はインタビューに応じてくださりありがとうございます。最新のゴールキーパーズ・レポートについてお伺いします。2018年に同じレポートが公開された際にもお話ししましたが、あの時とは状況がまるで変わってしまったことに驚いています。当時のレポートは今よりもずっと明るい内容で、全ての指標が正しい方向を示していましたが、新型コロナのせいでその全てにブレーキがかかってしまいました。このレポートはそれをよく物語っていると思います。「一瞬にして、健康危機は経済危機に、そして食糧危機、住宅危機、政治危機になった。全てが互いにぶつかり合っている」とありますが、このなかでどれが最も重要だと思われますか。この話をするには、まずどこから始めたらよいでしょうか。

ゲイツ氏 今おっしゃったように、これまではほとんどの年で、栄養不良や子供の死亡率が低下し、識字率が上昇し、全般的に人間の生活は少しずつ向上し、寿命も伸びていました。新型コロナがこれほど広い範囲に影響を与えているのは驚くべきことです。貧しい国では、コロナによる死者数という直接的な影響は、全体的な打撃と比較するととても小さいです。もっと重要なのは、元々脆弱だった医療システムが機能停止してしまったことです。ワクチン接種が滞り、マラリアを防ぐ蚊帳が配布されず、HIVの薬も届けられていません。アフリカでは、コロナの直接的影響よりもこうした間接的な影響によって死者数が劇的に増加するでしょう。

 ですから、まずは大規模な流行を終わらせることが第一です。その唯一のツールが、ワクチンです。それから、医療サービスを回復させること。ワクチン接種を受けられなかった子どもたちへの接種を進めることも大事です。ワクチン、医療サービスの回復、富裕国による支援、これらすべてで最善を尽くしたとしても、2020年の初めと同じ状態に戻すだけで2~3年かかってしまいます。

ワクチンを公平に配布すれば生存率は高まる

――本当に、短い間に多くのことが変わりました。レポートの分析のひとつに、これは私も非常に驚いたのですが、ワクチンの配布が生存率にどう影響を与えるかという点があります。米ノースイースタン大学のモデルには衝撃を受けました。もし新型コロナワクチンが高所得国に最初に配布されれば、コロナによる死者が33%減少する見込みだが、全ての国に人口に応じて公平に配布されれば61%の命が救われる可能性があるとあります。その理由をお話しいただけますか。

ゲイツ氏 コロナによる死者は世界中で出ています。ワクチン配布のアルゴリズムが完全に公平性に基づくとは誰も言っていません。研究開発に資金を出した国へ多少傾くことはあるでしょう。けれど、ここである程度のバランスは必要です。製造能力を拡大できるようワクチンを購入することと、富裕国がその全てを買い占めることなく資金を提供することのバランスです。世界がこれほど多くの数のワクチンを必要としたことは今までなかったわけですから。

次ページ:貧困が悪化、富裕国が取るべき責任とは

ここから先は「ナショナル ジオグラフィック日本版サイト」の
会員の方(登録は無料のみ、ご利用いただけます。

会員登録(無料)のメリット

  • 1ナショジオ日本版Webの
    無料会員向け記事が読める
  • 2美しい写真と記事を
    メールマガジンでお届け

おすすめ関連書籍

グレート・リセット

ダボス会議で語られるアフターコロナの世界

世界経済フォーラムのクラウス・シュワブ会長とオンラインメディア『マンスリー・バロメーター』の代表ティエリ・マルレが、コロナ後の世界を読み解く。

定価:本体2,000円+税

おすすめ関連書籍

ビジュアル パンデミック・マップ

伝染病の起源・拡大・根絶の歴史

ささいなきっかけで、ある日、爆発的に広がる。伝染病はどのように世界に広がり、いかに人類を蹂躙したのか。地図と図版とともにやさしく解き明かす。

定価:本体2,600円+税

  • このエントリーをはてなブックマークに追加