雪の中のチーターを撮影、アフリカで2例目

姿を消したチーターを回復させる取り組み

2020.09.14
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
辺りを見回すオスのチーター。最近、ロッゲ・クルーフ自然保護区に放された個体だ。新たに導入する個体は、まずフェンスの囲いに入れて新しい環境に慣れさせる。 (PHOTOGRAPH BY KIRSTEN FROST)
[画像のクリックで拡大表示]

 雪の中のチーターをとらえた珍しい写真が撮影された。場所は南アフリカ共和国でも特に寒いロッゲ・クルーフ自然保護区、撮影したのは動物写真家のカーステン・フロスト氏だ。(参考記事:「動物大図鑑 チーター」

 8月の雪の中、フロスト氏は発信器付きの首輪をしたメスのチーターを2日にわたり追跡していた。吹き付ける雪の中で目を凝らしていると、チーターの顔がちらりと見えた。体にも雪がかかり、一面真っ白の景色に溶け込んでいた。

「妙に現実離れした感覚がありました」と、フロスト氏はナショナル ジオグラフィックに対してメールで語った。「これはわずかな人しか経験したことのない瞬間であり、私にとって決して忘れられない自然の中での瞬間になると思いました」

 同氏が撮影したのは、モナと名付けられたメスと2頭のオス。アフリカのチーターが雪の中で撮影されたのは今回がおそらく史上2例目だろうと、非営利団体「Endangered Wildlife Trust」でチーターの再導入を管理するビンセント・ファン・デル・メルベ氏は語る。氏によると、最初の例は2014年に同氏のチームが南アフリカ、カムデブー山動物保護区で撮影したものと言う。

 どちらの写真においても、写ったチーターは私営の動物保護区に再導入された個体だ。再導入とは、元々その地域に生息していた(が失われてしまった)動物を、ふたたび人為的に導入すること。減少する種を保護しつつ、観光資源にもできることから、動物保護戦略の鍵になると考えられている。チーターは、野生では約7000頭を残すのみで、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストでは危急種(vulnerable)に指定されている。(参考記事:「絶滅危惧チーター研究者6人にスパイ罪、イラン」

 チーターは東アフリカのサバンナに固有のものだと決めてかかるなど、「我々は、カテゴリー分けをしがちです」とファン・デル・メルベ氏は話す。野生動物を移住させる同氏の活動の一部は、ナショナル ジオグラフィック協会の資金提供を受けている。今回の写真は「チーターには想像以上に高い適応力がある」ことを示していると、同氏は言う。

 チーターは、アフリカに入植した人々によって、1960年代までに個体数の95%が命を落としたとされる。だがそれ以前は、標高3000メートルの山地から沿岸の森林、夜間は気温が氷点下に下がる砂漠(カラハリ砂漠など)に至るまで、アフリカ大陸の大部分に生息していた。(参考記事:「世界最速のチーター死す、走る姿をもう一度動画で」

 この数十年で、ファン・デル・メルベ氏のような自然保護活動家は、約60頭のチーターを様々な動物保護区に移住させてきた。ロッゲ・クルーフ自然保護区(広さ184平方キロ)にオス2頭とメス2頭が放されたのは、2018年のことだ。

次ページ:「こんな光景は見たことがありません」

ここから先は「ナショナル ジオグラフィック日本版サイト」の
会員の方(登録は無料のみ、ご利用いただけます。

会員登録(無料)のメリット

  • 1ナショジオ日本版Webの
    無料会員向け記事が読める
  • 2美しい写真と記事を
    メールマガジンでお届け

おすすめ関連書籍

PHOTO ARK 消えゆく動物

絶滅から動物を守る撮影プロジェクト

今まさに、地球から消えた動物がいるかもしれない。「フォト・アーク」シリーズ第3弾写真集。 〔日本版25周年記念出版〕

定価:本体3,600円+税

  • このエントリーをはてなブックマークに追加