週に3回、ニューヨーカーたちがチャイナタウンに集まり、パトロールに参加する。パンデミックの影響により、米国各地のチャイナタウンは反感にさらされ、破壊行為や嫌がらせが常態化している。(PHOTOGRAH BY HEATHER STEN, NATIONAL GEOGRAPHIC)

前編はこちら「新型コロナで再燃、米国におけるアジア人差別の歴史(前編)」

 ニューヨーク、チャイナタウン中心部の交差点には、毎週3回、ハッシュタグ「#Chinatownblockwatch(チャイナタウン・ブロック・ウォッチ)」の文字が記されたオレンジ色のポロシャツを着た人々が集まってくる。

 ボランティアで集まった彼らは、それから2時間かけて、中国系のパン屋や餃子屋が並ぶ曲がりくねった通りをくまなく歩いたり、路地を覗き込んだりして、周囲に自分たちの存在を知らしめる。

 伝えているのは、「わたしたちは見ているぞ」というシンプルなメッセージだ。

 活動のきっかけは2020年1月、COVID-19のニュースが渦巻く中、カーリン・チャンさんの耳に、チャイナタウンの住民が嫌がらせを受けているという噂が入り始めたこと。ほどなく多くの店が閉店し、通りはかつてないほど静かになった。

 犯罪被害者を守るための活動をしているチャンさんは、ニューヨーク育ちで、路上での立ち回り方を熟知している。「わたしは『一歩も引かない』という方針を厳格に守っています」と彼は言う。チャンさんはパトロールを始めた。ソーシャルメディアにその様子を投稿すると、数人の友人たちが加わった。それから、何十人もの人たちがやってくるようになった。

2020年1月にCOVID-19のニュースが流れ始めると、カーリン・チャンさんの耳には、チャイナタウンの住民が嫌がらせを受けているという噂が入り始めた。そこでチャンさんは近隣のパトロールを始めた。チャンさんがパトロールの様子をソーシャルメディアに投稿すると、何十人もの人々が活動に加わるようになった。(PHOTOGRAPH BY HEATHER STEN, NATIONAL GEOGRAPHIC)

 ハラスメント事件は報告されている以上に起きていると、チャンさんは考えている。移民の多くは、犯罪を通報する方法を知らなかったり、言葉の壁に悩まされたりしている。中には、法執行機関には見つかりたくないと考える者もいる。

「中国人の排除はこれまでも公式、非公式にかかわらず行われてきましたが、今回のパンデミックが議論を再燃させました」とチャンさんは言う。「だれかのせいにしてやろうと考える人たちは、中国人のせいにするのです」

「わたしたちは、(彼らにとって)受け入れてやってもいい存在ではあっても、決して本当に受け入れられることはありません」

次ページ:不気味なほど馴染みのある構造

ここから先は「ナショナル ジオグラフィック日本版サイト」の会員の方(登録は無料のみ、ご利用いただけます。

会員登録(無料)のメリット

  • 1ナショジオ日本版Webの
    無料会員向け記事が読める
  • 2美しい写真と記事を
    メールマガジンでお届け

おすすめ関連書籍

世界の特別な1日

未来に残したい100の報道写真

「崩れ落ちる兵士」「勝利のキス」「エベレスト初登頂」「フランシスコ教皇就任」など、歴史的な100枚の報道写真を収録!世界が大きく変わろうとしている今だからこそ読みたい、現代史の真実のストーリーが満載。

定価:本体3,200円+税