新型コロナでロボットの活躍の場が増えている

ボストン・ダイナミクス社が開発した犬のようなロボット「Spot(スポット)」。米国ボストンのブリガム・アンド・ウィメンズ病院ではこのロボットを導入したおかげで、医療従事者が安全な距離を保ちながら、患者と対話し、体温や脈拍、酸素飽和度の測定もできるようになった。 (SCREEN CAPTURE FROM VIDEO BY FARAH DADABHOY/BRIGHAM AND WOMEN'S HOSPITAL.)

【元の記事へ戻る】 【CLOSE】

ナショナル ジオグラフィック バックナンバー