南フロリダの海でマンタの幼魚とフリーダイビングをしながら写真を撮る研究者のクリスティーナ・コペンラス氏。(PHOTOGRAPH BY BETHANY AUGLIERE)
[画像をタップでギャラリー表示]

 2010年、生物学者のジェシカ・ペイト氏は、ウミガメの足跡を探して米国フロリダ州のジュノービーチでATV(4輪バギー)を走らせていたときに、浅瀬を泳ぐ巨大な黒い影に気がついた。

 驚いたことに、それはマンタだった。インドネシアやハワイでマンタと泳いだという話ならよく聞くが、にぎやかな南フロリダ沿岸でそんな話は聞いたことがなかった。

 興味をそそられたペイト氏は、南フロリダのマンタの個体数に関する科学文献を探してみたところ、1998年の論文が1本見つかっただけだった。そこで彼女はみずから調査を行うことにした。

 ペイト氏は2016年から2019年までの3年以上にわたって、南フロリダの海を優雅に泳ぐマンタを調査し、最終的に59匹の「都会派マンタ」を特定した。

 ペイト氏はトランプ大統領の別荘マー・ア・ラゴ(Mar-a-Lago)や、歌手や実業家として知られるジミー・バフェットのマルガリータビル・リゾートの前にあるビーチを泳ぐマンタも見た。また今回のコロナ禍で自宅にこもっていたマイアミの高層マンションの住人からも、マンタの目撃情報が複数寄せられているという。(参考記事:「ピンクのマンタが撮影される、世界でおそらく唯一」

ふだんから多くのボートが行き交う入り江を泳ぐマンタ。(PHOTOGRAPH BY BRYANT TURFFS, COURTESY MARINE MEGAFAUNA FOUNDATION)
[画像をタップでギャラリー表示]
マルガリータビル・リゾートの沖を泳ぐマンタ。今回調べられたマンタのほとんどが、水深約3.5メートルのところで撮影された。(PHOTOGRAPH BY JESSICA PATE, COURTESY MARINE MEGAFAUNA FOUNDATION)
[画像をタップでギャラリー表示]

 特筆すべきは、フロリダのマンタはほとんどが未成熟だったこと。メスに交尾痕がなかったり、クラスパーと呼ばれるオスの生殖器が小さいことを確認した。

 ペイト氏らはこのほど科学誌「Endangered Species Research」に論文を発表し、南フロリダにマンタの生育場があるとする強い証拠を示している。生育場とは、餌が豊富で、捕食者が比較的少なく、幼魚が安全に成長できる場所だ。

次ページ:「マンタについてはわからないことだらけです」

ここから先は「ナショナル ジオグラフィック日本版サイト」の会員の方(登録は無料のみ、ご利用いただけます。

会員登録(無料)のメリット

  • 1ナショジオ日本版Webの
    無料会員向け記事が読める
  • 2美しい写真と記事を
    メールマガジンでお届け

おすすめ関連書籍

PLANET OF WATER

すべては水から始まっている。地球上に生きる私たち、動物、植物など、あらゆる生命を満たす水を追いかけた写真集。

定価:本体2,400円+税