感染症の専門家、マイケル・キャラハン氏は、1月初旬に新型コロナウイルス感染症の発生が世界に報じられる前から、パンデミックとの闘いに加わっていた。(PHOTOGRAPH BY MATT NAGER, NATIONAL GEOGRAPHIC)
[画像をタップでギャラリー表示]

 2020年1月初旬、中国の武漢市で新型コロナウイルス感染症(COVID-19)が大流行しているという漠然とした第一報がもたらされたとき、その前からこの病について記録していた米国人医師がいた。感染症の専門家であるマイケル・キャラハン氏だ。

 氏は、長年にわたり鳥インフルエンザウイルスの共同研究を行っていた中国人の同僚たちから、昨年11月に奇妙な新手のウイルスが現れたことを知らされた。同じ謎の病原体による症状を示している患者がシンガポールで発生すると、キャラハン氏はすぐに現地へ飛んだ。

 現在57歳のキャラハン氏は、この20年間、SARS、エボラ出血熱、ジカ熱などの感染症が世界のどこかで大流行したときには大概その現場にいた。もちろん、防護服を着てだ。

 1990年代にコンゴ民主共和国の難民キャンプで勤務していたとき、氏は感染症の専門医として最前線で働く決心をした。それ以来、アフリカの奥地に作られたエボラ出血熱診療所で働き、ロシアの生物兵器の専門家を感染症の研究者に再教育する支援をし、米国防総省で新興感染症の予測と予防を行う大規模プロジェクトのリーダーを務めた。

 シンガポールの後、キャラハン氏は米ワシントンD.C.に飛び、この病気が次に起こる可能性がある場所について米政府高官に説明した。その頃には、新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)の感染者が発生した2隻のクルーズ船が海上で待機させられていた。

 キャラハン氏は同感染症の患者を診た数少ない米国人医師のひとりだったため、米保健福祉省(DHHS)から、横浜に停泊中のダイヤモンド・プリンセス号および米カリフォルニア州沖に停泊中のグランド・プリンセス号から米国人の乗客を退避させるよう協力を要請された。(参考記事:「米国海上で待機、船内感染の脅威」

マイケル・キャラハン氏の活躍は2020年8月号でもとりあげた。

 この任務が完了すると、拠点としているマサチューセッツ総合病院のあるボストンに戻り、ニューヨークで臨床試験の立ち上げを支援をするとともに、同病院で新型コロナウイルス感染症の患者の診察に当たった。「死と治癒の軍拡競争のようなものです」とキャラハン氏は言う。「ウイルスが勝つこともあれば、私たちの免疫系が勝つこともあります」(参考記事:「パンデミックと闘い続ける人類」

 ナショナル ジオグラフィックは、米コロラド州ボールダーの自宅で休暇中のキャラハン氏に話を聞いた。

──ヨセミテ渓谷で登山に熱中していた頃から、感染症に人生を捧げるようになるまでの経緯を教えてください。

 私は(米マサチューセッツ大学アマースト校の)カレッジで救急医療士になる勉強をし、山岳救助に携わるようになりました。そこで、生命の危険がある緊急時にどのように判断を下すかを学びました。その後、(米アラバマ大学の)医学部に在学中、海外での災害救助活動へと興味が移り、地震や津波によってすべての人が亡くなっているのではなく、その後に発生するマラリア、デング熱、水系感染症なども亡くなる原因であることに気付きました。感染症はゆっくりとやって来る災害です。そしていつまでも続きます。

──COVID-19のようなパンデミックを自分が生きている間に経験すると予想していましたか?

(DHHSで)感染症の大流行に備えて訓練を計画していたときは、最悪のシナリオを想定しましたが、それはあくまで仮説としてです。また、次にパンデミック(世界的な大流行)が起こるとすれば、インフルエンザだろうとも確信していました。2002年と2003年にSARSが流行した後もです。SARSは危険なウイルスですが、SARS-CoV-2ほどの感染力はありませんでした。私たちがどれほど謙虚でなければならないかが、よくわかりました。

次ページ:現場で感染症にかかったことはありますか?

ここから先は「ナショナル ジオグラフィック日本版サイト」の会員の方(登録は無料のみ、ご利用いただけます。

会員登録(無料)のメリット

  • 1ナショジオ日本版Webの
    無料会員向け記事が読める
  • 2美しい写真と記事を
    メールマガジンでお届け

おすすめ関連書籍

2020年8月号

パンデミックと人類/インドの聖なる川/広島 75年目の記憶/チンパンジーの脅威/女性参政権への道

8月号の特集「パンデミックと人類」では、繰り返されるパンデミックの歴史から、私たちは何を教訓とすべきか考えます。シリーズ『人類の旅路を歩く』では「インドの聖なる川」をテーマにお届け。このほか、原爆投下75年を迎える「広島 75年目の記憶」など5本の特集を掲載。

定価:本体1,100円+税

おすすめ関連書籍

ビジュアル パンデミック・マップ

伝染病の起源・拡大・根絶の歴史

ささいなきっかけで、ある日、爆発的に広がる。伝染病はどのように世界に広がり、いかに人類を蹂躙したのか。地図と図版とともにやさしく解き明かす。

定価:本体2,600円+税