1893年9月16日、オクラホマで土地を得るために、馬に乗って一斉に駆け出す入植者たち。米国政府は、この地域を永久的に先住民部族へ与えると約束したが、白人たちはこのように先住民の土地を次々に手に入れ、それが後のオクラホマ州成立につながった。(PHOTOGRAPH BY TULSA CHAMBER OF COMMERCE, NAT GEO IMAGE COLLECTION)
[画像をタップでギャラリー表示]

 米国中南部に位置するオクラホマ州の名は、「赤い人々」を意味する米国先住民チョクトー族の言葉に由来している。一方、オクラホマ州のニックネーム「スーナー・ステート(“抜け駆け移住者の州”の意)」のスーナーは、先住民の土地に入り込んできた白人開拓者を指している。現在は一つの州であるオクラホマはかつて、白人の土地と先住民の土地に分かれていた。(参考記事:「米国先住民の苦闘と希望」

 2020年7月、米連邦最高裁判所は、オクラホマ州東部の大部分を米国先住民の居留地と認める判決を下した。この歴史的判決に至るまでには、誰がオクラホマの大草原と丘陵地帯を所有し、誰がそこに居住するかをめぐって長い闘いの歴史があった。今あるオクラホマ州が2つの別の州に分かれていた可能性すらあった。

 始まりは米国南東部だった。現在のノースカロライナ州からミシシッピ州にかけての広い土地には、チェロキー族、チカソー族、チョクトー族、マスコギー族(クリーク族とも呼ばれている)、セミノール族が住んでいた。

 18世紀後半~19世紀にかけてこれらの土地へ流入してきた白人の開拓者たちは、そこに住んでいた部族が経済と社会交流の構築に前向きだったことから、彼らを「文明化五部族」と呼んだ。それでも、白人たちは先住民を土地から追い出すよう米国政府に圧力をかけた。(参考記事:「馬と生きる 北米先住民」

オクラホマ州の先住民が自治権を取り戻すまで
1890年:オクラホマ州東部の大部分は、元々先住民のために確保されていたが、オクラホマ州成立にいたるまでの過程で彼らから奪われていった。
[画像をタップでギャラリー表示]
1907~2020年6月
先住民はオクラホマ州各地に暮らしているが、居留地に指定されている土地はごくわずかしかない。
[画像をタップでギャラリー表示]
2020年7月
2020年7月、米連邦裁判所はオクラホマ州東部の大部分を先住民居留地と認める判決を下した。つまり、そこに暮らす先住民は、オクラホマ州ではなく彼らの部族政府の管轄下にあることを意味する。だが、非先住民はこれには当てはまらないと、法律専門家は考えている。(SOREN WALLJASPER, NG STAFF, SOURCE: OKLAHOMA HISTORICAL SOCIETY; US CENSUS BUREAU; USGS)
[画像をタップでギャラリー表示]

故郷を追われた「涙の道」

 1830年、議会は「インディアン移住法」を可決させた。この法律は、南東部の先住民部族に西部の土地を与える代わりに、先祖代々彼らが住んできた土地を明け渡すよう求める権限を、時のアンドリュー・ジャクソン大統領に与えた。五部族は、ほぼ強制的に様々な協定に署名させられた。その中のひとつ、1833年の協定では、「全てのクリーク族に永久的な居住地」を保証することが約束されていた。

 先住民の多くは抵抗することなく移住に応じたが、なかには銃を突きつけられて家から追い出された者もいたという。1830~1850年の間に、約10万人の先住民が故郷を追われた。この強制移住は、後に「涙の道」と呼ばれた。

次ページ:「セコイア州」成立を目指して

ここから先は「ナショナル ジオグラフィック日本版サイト」の会員の方(登録は無料のみ、ご利用いただけます。

会員登録(無料)のメリット

  • 1ナショジオ日本版Webの
    無料会員向け記事が読める
  • 2美しい写真と記事を
    メールマガジンでお届け

おすすめ関連書籍

Invisible Peoples 世界の少数民族

急速に均質化する世界で、なおも伝統を保つ少数民族の貴重な記録。今後、伝統が失われたり変容したりする前に、現在の姿を写真と文章で記録した。

定価:本体4,200円+税