幻のセコイア州の歴史、米国先住民の権利ふたたび

2020年7月

2020年7月、米連邦裁判所はオクラホマ州東部の大部分を先住民居留地と認める判決を下した。つまり、そこに暮らす先住民は、オクラホマ州ではなく彼らの部族政府の管轄下にあることを意味する。だが、非先住民はこれには当てはまらないと、法律専門家は考えている。(SOREN WALLJASPER, NG STAFF, SOURCE: OKLAHOMA HISTORICAL SOCIETY; US CENSUS BUREAU; USGS)

【元の記事へ戻る】 【CLOSE】

ナショナル ジオグラフィック バックナンバー