屋根から落ちて骨が砕けた男性を回復させる、驚きの最新医療

16個に砕けたかかとをつなぎ、バーチャルリアリティで痛みを緩和

2020.08.29
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
あの濡れた金属の屋根から「まるですべり台のように」落ちたんですと指を差すブレント・バウアー氏。両足首と片方の手首が骨折していたため、彼は携帯電話のところまで6メートル以上這っていき、助けを呼ばなければならなかった。バウアー氏は、米ワシントン州シアトルのハーバービュー医療センターの集中治療室(右)で5日間を過ごした。(PHOTOGRAPHS BY SARAH BARTOLAC)

 2019年6月のある晴れた土曜日、56歳のブレント・バウアー氏は、米国シアトル沖サンファン島にある別荘の屋根に上って掃除をしていた。手の届かないところを洗おうと水圧洗浄機のスイッチを入れた瞬間のこと。勢いよく飛び出した水の反動で、バウアー氏はバランスを崩し、屋根からすべり落ちた。

 コンクリートの地面までおよそ25フィート(7.6メートル)。激突するまでの間、バウアー氏の頭には「もうおしまいだ」と「これではバカみたいだ」という二つの思いが浮かんだという。

 2020年の2月、自宅のキッチンで事故の話をするバウアー氏は、かすかに悔しさをにじませながらも、ごく落ち着いた様子だった。それでも、あの日のことを思い出すとぞっとするとバウアー氏は言う。「わたしは奇跡的にも空中で体を回転させ、足から着地することができました。そうでなければ死んでいたでしょう」

 最初に着地した左のかかとは16個の破片に砕け、次に着地した右のかかとも粉々になった。次にバウアー氏は骨盤を打ち、これは3つにわかれて、太い血管を引き裂いた。続いて体重がかかった手首は折れて、尺骨が前腕から3.8センチ突き出した。(参考記事:「自分の腕を切り落として窮地を脱出した男」

ギャラリー: 屋根から落ちた男性が最新医療で回復するまで 写真11点(画像クリックでギャラリーへ)
バウアー氏の足首のX線写真。どちらも16個以上の破片に砕けている。(AYS BY UW MEDICINE/HARBORVIEW MEDICAL CENTER)

 ヘリコプターでシアトルのハーバービュー医療センターに運ばれたとき、バウアー氏は内臓の損傷がひどく、何カ所も粉砕骨折をしており、手術の回数は最終的に10回におよんだ。医療チームは、バウアー氏の出血を抑え、内臓を守り、折れた骨を安定させるために、誘導による昏睡状態を2日間維持した。

 悲劇から回復にいたるまで、バウアー氏が経験したのは骨を修復するための繊細な外科技術、および治療に伴う激しい痛みの管理といった、革新的な治療だった。

かかとの治療

 バウアー氏は、自らが所有する通信会社で働くかたわら、ロッククライミングやパラグライダーに取り組んできた。それらは彼にとって単なる娯楽ではない。バウアー氏は限界に挑戦せずにはいられないたちで、たとえば2005年には、ジンバブエのサファリでワニの写真を撮るために登った木から落下して、大けがを負っている。

「これまでの人生で何度も幸運に恵まれてきたために、本当に深刻なことは自分には起こらないという間違った思い込みがありました」と、バウアー氏は言う。

次ページ:割れた卵の殻を集めるように、かかとの骨を戻す

ここから先は「ナショナル ジオグラフィック日本版サイト」の
会員の方(登録は無料のみ、ご利用いただけます。

会員登録(無料)のメリット

  • 1ナショジオ日本版Webの
    無料会員向け記事が読める
  • 2美しい写真と記事を
    メールマガジンでお届け

おすすめ関連書籍

にわかには信じがたい本当にあったこと

ナショナル ジオグラフィックが伝える驚天動地の地球の姿。宇宙、人体、怪物、歴史、動物、水中など、幅広いテーマから驚きの事象・奇妙な生き物を紹介。

定価:本体2,000円+税

おすすめ関連書籍

奇跡のサバイバル60

大震災、飛行機脱落、登山事故、誘拐……絶体絶命の状況から九死に一生を得た人々。生死を分けた判断、状況は何だったのか?ストーリー仕立てで臨場感あふれる文章と、脱出ルートをたどる詳細な地図、豊富な写真や資料で、奇跡の生還劇60本をドラマチックに再現します。

定価:本体2,400円+税

  • このエントリーをはてなブックマークに追加