5mの魚竜の胃になんと4m級の獲物、「大物食らい」最古の証拠か

魚竜の仲間ベサノサウルスの群れの復元図。魚竜は古代の海生爬虫類で、今日のイルカやクジラに似ていた。新しい研究により、ベサノサウルスに近い魚竜の化石の腹の中に最後の食事が保存されていたことが明らかになった。(ILLUSTRATION BY FABIO MANUCCI)

【元の記事へ戻る】 【CLOSE】

ナショナル ジオグラフィック バックナンバー