解説:「史上最小の恐竜」は実はトカゲだった、論文を撤回

およそ9900万年前、現在のミャンマーにあたる場所で、垂れ落ちる樹脂にオクルデンタビス・カウングラアエ(Oculudentavis khaungraae)が閉じ込められる。この謎めいた生き物は、新たな研究でトカゲに分類された。(ILLUSTRATION BY STEPHANIE ABRAMOWICZ)

【元の記事へ戻る】 【CLOSE】

ナショナル ジオグラフィック バックナンバー